脚本家ゲイリー・ウィッタPhoto by Jamie McCarthy/Getty Images for Mercedes-Benz

写真拡大

「スター・ウォーズ」のスピンオフ企画に関わっていた脚本家が降板したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

「GODZILLA」のギャレス・エドワーズ監督が手がける「スター・ウォーズ」のスピンオフ企画に着手していたゲイリー・ウィッタ(「アフター・アース」「ザ・ウォーカー」)が、すでに離脱していることが判明。同作のリライトには別の脚本家が起用される見込みだという。ウィッタは、「『スター・ウォーズ」』作品のためにルーカス・フィルムと一緒に仕事をしたこの1年は、これまでのキャリアでもっとも実りがあるものでした」とコメントを発表している。

12月に公開される「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は当初、「トイ・ストーリー3」のマイケル・アーントが脚本を担当していたが、ローレンス・カスダンとJ・J・エイブラムス監督にバトンタッチされた経緯がある。現在、スピンオフ作品にはエドワーズ監督と、「クロニクル」のジョシュ・トランク監督がそれぞれ取りかかっているが、題材はまだ発表されていない。

エドワーズ監督がメガホンをとるスピンオフ作品の全米公開は、2016年12月16日。

■関連記事
米映画ファンが2015年最も期待する映画は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
「スター・ウォーズ」新作に赤い十字型ライトセーバーの謎キャラ登場
「スター・ウォーズ」スピンオフ第1弾も英ロンドンのパインウッド・スタジオで撮影
「ネブラスカ」脚本家の監督デビュー作に、ベテランキャストが結集
2018年公開「GODZILLA」続編、脚本家も続投