不思議な魅力を持つ女子高生を演じた森川葵

写真拡大

モデルで女優の森川葵主演の映画「チョコリエッタ」が1月17日、東京・新宿武蔵野館で封切られ、森川、共演の菅田将暉、風間志織監督が同劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

同作で菅田演じる正岡正宗を、不思議な魅力で振り回す女子高生・知世子を演じた森川は、「自分(知世子)的には振り回すつもりはなかったので」と役柄について理解を求めると、菅田も「それでいいんじゃないでしょうか。独特な関係性の二人なので」と共感。さらに「(森川も)普段から割とそういう感じあるんで(笑)」と森川の小悪魔ぶりを暴露した。「そんなことないです」と否定する森川をしり目に、「横で『お腹空いた、カレー食べたい、アイス食べたい』って言われたら、『じゃあ食べに行きます?』ってなるじゃないですか!」と切り返し、観客を笑わせていた。

文句を言いつつもすっかり森川の魅力にはまった様子の菅田は、観客から「お互いに映画を撮り合うとしたら?」という質問に、「彼女のドキュメンタリーがみたいですね」と即答。突然森川が歌う同作のエンディングテーマ「JUMP!」を歌いだし、思わず森川がそれに続くと、「この感じを撮っておきたいです」と実演してみせた。

また、「この映画のキャッチフレーズは?」という質問があがったものの、森川は「キャッチフレーズ」の意味が分からず困惑。すかさず菅田が「『現場に咲くひまわり、森川葵です』みたいな」と森川のキャッチフレーズで説明すると、納得した表情で「現場に咲くひまわり、森川葵です!」と振り付きで披露し、会場を沸かせていた。肝心の映画のキャッチフレーズは、菅田が「『森川葵』でいいんじゃないですか」と答えて森川を照れさせるなど、最後までヒロインを持ち上げていた。

「チョコリエッタ」は、大島真寿美氏の同名小説を原作に、孤独な少女が映画好きな青年との旅を通して再生していく姿を、フェデリコ・フェリーニの名作「道」へのオマージュを散りばめながら描いた青春ドラマ。

■関連記事
話題の美少女・森川葵が「チョコリエッタ」で丸刈りに!
森川葵が性格最悪女子に 「おんなのこきらい」予告編&ポスター公開
菅田将暉「チョコリエッタ」共演の森川葵を「日本一ボウズが似合う」と絶賛
NEWS加藤シゲアキ処女小説を行定勲監督が映画化!主演は銀幕デビューの中島裕翔
オタク女子演じた能年玲奈、菅田将暉の女装に「見習わなければ」