『神様はバリにいる』の初日舞台挨拶が開催

写真拡大

堤真一主演映画『神様はバリにいる』の初日舞台挨拶が、1月17日に新宿バルト9で開催。堤のほか、尾野真千子、ナオト・インティライミ、菜々緒、玉木宏、李闘士男監督が登壇し、堤は「人としてこういうふうに生きれば楽しくて良いんじゃないかと。元気になって劇場から出ていってください」と映画をアピールした。

【写真を見る】堤真一が全員にマイクを向けられ、大爆笑だった

本作は実話から生まれた“開運コメディ”。バリ島で暮らす日本人の大富豪・アニキ(堤真一)が、出会う人々に、人生を切り開くアドバイスを与えていく。バリ島でのロケで、堤は「よく歌ってました。僕、普段はオンチで歌わないんですが、ナオト・インティライミがいるとね」とカラオケの話を披露。何を歌っていたのかを尋ねられると「軍歌、童謡」と笑いをとった。

尾野は自分と菜々緒との扱いの違いについて、堤たちにクレーム。「ひどいんですよ。一旦帰って、またバリに行ったら、男どもが色めき立っていて。『お前もう来んでええから。菜々緒さんがいるから、お前はいらんと言われて」と不満タラタラ。玉木も「菜々緒さんと元カノ役で共演できるなんて」と鼻の下を伸ばすと、堤が「なんやそれ。のろけてんなあ」とツッコんで会場は大爆笑。

さらに李監督まで「菜々緒さんを50人くらいのスタッフが取り巻いていて。尾野さんの時にはなかったのですが。現地の方も『菜々緒のアテンドをしたい』と立候補されてました。その後、尾野さんが戻ってきたらスタッフが意気消沈。堤さんも『美に対する意識は、日本もインドネシアも変わらないんだなと』と言われました」と話すと会場は大ウケ。尾野は「暴れようかな、これ」とブーイングし、また会場は爆笑の渦に包まれた。【取材・文/山崎伸子】