ウディ・アレン

写真拡大

アカデミー賞を受賞した作品『アニー・ホール』や『ミッドナイト・イン・パリ』などのウディ・アレン監督が、米Amazonで彼にとって初のドラマシリーズを手がけることになった。

【関連記事】映画監督たちが続々とテレビ界へ進出――テレビは新しい"映画"になるのか?

米TV Guideによると、このシリーズは30分のドラマでタイトルは未定、アレンが脚本と監督を務める。アメリカでは来年、米Amazonの会員制サービス、プライム・インスタント・ビデオで配信される。

Amazonスタジオの責任者ロイ・プライスは「アレンは明確なビジョンを持ったクリエイターで、傑作を何本も撮っている。彼にとって初めてのTVシリーズで一緒に仕事ができて光栄だ。『アニー・ホール』から『ブルージャスミン』まで、アレンはアメリカ映画界の第一線にいる監督だ。来年、彼のドラマを配信できるのを楽しみにしている」と声明を発表した。

一方、アレンは「なぜこんなことになったのか、わからないよ。何から始めればいいのか。ロイ・プライスは後悔するだろうね」とコメントしている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・ギレルモ・デル・トロ監督が10年越しの企画を米AmazonでTVシリーズに?『Xファイル』伝説的クリエイターの新作ドラマがお蔵入り!その内容は永遠の謎に・・・!?米映像配信サービスがコンテンツ獲得に費やす額が急上昇、2015年は計68億ドルに