『イミテーション・ゲーム』

写真拡大

1月14日(現地時間)、第87回アカデミー賞のノミネート作品が発表された。

【関連記事】前回の第86回アカデミー賞授賞式の結果を振り返ろう!

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と『グランド・ブダペスト・ホテル』が最多9部門、前哨戦であるゴールデン・グローブ賞を惜しくも逃した『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』が8部門ノミネートとなっている。

授賞式は、2月22日(日本時間23日)に米ハリウッドのドルビー・シアターで開催される予定。

各部門のノミネート作品は以下の通り。

■作品賞
『アメリカンスナイパー』
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
『6才のボクが、大人になるまで。』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
『Selma』
『博士と彼女のセオリー』
『セッション』

■監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』
ベネット・ミラー『フォックスキャッチャー』
ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル』
モルテン・ティルドゥム『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』

■主演男優賞
スティーブ・カレル『フォックスキャッチャー』
ブラッドリー・クーパー『アメリカン・スナイパー』
ベネディクト・カンバーバッチ『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
マイケル・キートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
エディ・レッドメイン『博士と彼女のセオリー』

■助演男優賞
ロバート・デュバル『ジャッジ 裁かれる判事』
イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』
エドワード・ノートン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
マーク・ラファロ『フォックスキャッチャー』
J・K・シモンズ『セッション』

■主演女優賞
マリオン・コティヤール『サンドラの週末』
フェリシティ・ジョーンズ『博士と彼女のセオリー』
ジュリアン・ムーア『アリスのままで』
ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』
リース・ウィザースプーン『ワイルド(原題)』

■助演女優賞
パトリシア・アークエット『6才のボクが、大人になるまで。』
ローラ・ダーン『ワイルド(原題)』
キーラ・ナイトレイ『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』
エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
メリル・ストリープ『イントゥ・ザ・ウッズ』
(海外ドラマNAVI)

■関連記事・第72回ゴールデン・グローブ賞 映画の部ノミネート一覧今年も出ました! ベネディクト・カンバーバッチが授賞式で"フォトボム"!第72回ゴールデン・グローブ賞 受賞結果発表! <映画の部>