ドラマ制作に初挑戦するウッディ・アレン写真:AP/アフロ

写真拡大

ウッディ・アレンが、米アマゾン向けに連続ドラマを制作することになったとハリウッド・レポーター紙が報じた。

2016年に米英独のAmazonプライム会員に向けたインスタントビデオで配信される予定で、アレン監督自身が脚本・監督を手がける1話30分のドラマであること以外は明らかになっていない。アレン監督にとってドラマ制作は初挑戦で、「どういうきっかけで、こういうことになったのかわからない。何をすればいいのか、どこから始めればいいかもわからない」とコメントを発表している。

アマゾンといえば、オリジナルドラマ「Transparent」がゴールデングローブ賞で作品賞、主演男優賞を受賞したばかり。ほかにも、スティーブン・ソダーバーグ監督、リドリー・スコット監督らが新ドラマを制作中だ。

■関連記事
ウッディ・アレン監督最新作「マジック・イン・ムーンライト」4月11日公開
ウッディ・アレン次回作はロードアイランド 学問の世界が舞台
ゴールデングローブ賞TV部門発表 昨年スタートの新ドラマ3本が各部門作品賞制す
アマゾンのストリーミングサービス利用者が増大
米アマゾン・スタジオがフィリップ・K・ディック「高い城の男」をドラマ化