「トランスフォーマー ロスト・エイジ」の一場面(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

最低映画の祭典として知られるゴールデン・ラズベリー賞(通称ラジー賞)のノミネートが発表された。

最多7部門でノミネートされたのは、マイケル・ベイ監督によるシリーズ第4弾「トランスフォーマー ロスト・エイジ」。また、今年は「名誉挽回賞(Razzie Redeemer Award)」という新たなカテゴリーが新設された。かつて「ジーリ」でワースト男優賞を受賞しながらも、最近は「アルゴ」「ゴーン・ガール」などが好評なベン・アフレック、ラジー賞に4度ノミネートされながらも最新作「Cake」が好評のジェニファー・アニストンらがエントリーされている。

ラジー賞授賞式は、アカデミー賞授賞式の前日となる2月21日(現地時間)に行われる。

主なノミネートは以下の通り。

ワースト作品賞
「Kirk Cameron’s Saving Christmas」
「レフト・ビハインド(原題)」
「ザ・ヘラクレス」
「ミュータント・タートルズ」
「トランスフォーマー ロスト・エイジ」

ワースト男優賞
カーク・キャメロン(「Kirk Cameron's Saving Christmas」)
ニコラス・ケイジ(「レフト・ビハインド(原題)」)
ケラン・ラッツ(「ザ・ヘラクレス」)
セス・マクファーレン(「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」)
アダム・サンドラー(「ブレンデッド(原題)」)

ワースト女優賞
ドリュー・バリモア(「ブレンデッド(原題)」)
キャメロン・ディアス(「The Other Woman」「Sex Tape」)
メリッサ・マッカーシー(「Tammy」)
ガイア・ワイス(「ザ・ヘラクレス」)
シャーリーズ・セロン(「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」

ワースト監督
マイケル・ベイ(「トランスフォーマー ロスト・エイジ」)
レニー・ハーリン(「ザ・ヘラクレス」)
ダーレン・ドーン(「Kirk Cameron's Saving Christmas」)
ジョナサン・リーベスマン(「ミュータント・タートルズ」)
セス・マクファーレン(「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」)

名誉挽回賞
ベン・アフレック
ジェニファー・アニストン
マイク・マイヤーズ
キアヌ・リーブス
クリステン・スチュワート

■関連記事
最低映画の祭典ラジー賞ノミネート候補が明らかに
米紙が選ぶ「エイプリルフールの冗談だったら良かったと思う映画11本」
ラジー賞発表 ウィル・スミス&ジェイデン・スミスが親子受賞
「ザ・インタビュー」VOD&オンライン販売で3100万ドルの売り上げを記録
ハリウッド・レポーター誌が選ぶ2014年を代表するプロデューサーはマイケル・ベイ