完成披露試写会に出席した杏、長谷川博己、国仲涼子ら

写真拡大

女優の杏と俳優の長谷川博己がダブル主演するフジテレビの連続ドラマ「デート 恋とはどんなものかしら」(1月19日スタート、毎週月曜午後9時)の完成披露試写会が12日、東京・台場のシネマメディアージュで行われた。

恋愛力ゼロで結婚を契約と考えるリケジョの国家公務員を演じる“月9”初主演の杏は、「ロマンティックなラブコメディといわれていますが、ロマンティックの90%は(ロケ地の)横浜の景色に担ってもらっている。考えていること、やっていることは常軌を逸しています」と照れ笑い。「リーガルハイ」などで知られる古沢良太氏の脚本で、セリフは理詰めのマシンガントークが持ち味だが、「早口でどんどんまくし立てていくので、顔が筋肉痛になりそうですが、全力で取り組んで最後まで駆け抜けたい」と意欲を見せた。

一方の長谷川は高等遊民と自称するニートで、“寄生”するために杏と結婚を前提に交際を始める設定。「最低な男を演じています。“月9”の話が来るようになったかと思ったけれど、なるほど、そういうことかと納得した。あまり口に出しちゃいけないことを平気で言うので、デトックス効果になって気持ちがいい」と充実した表情で話した。

杏は元日に俳優の東出昌大と結婚し、取材陣からの祝福には笑顔で会釈。共演の国仲涼子も昨年12月28日に俳優の向井理と結婚したばかりで、新婚生活について問われると「楽しいです」と笑顔で答えていた。

他に「Hey! Say! Jump」の中島裕翔、松尾諭、和久井映見、風吹ジュン、松重豊らが共演する。

■関連記事
杏、R・スコット新作「エクソダス」で吹き替え初挑戦 C・ベールの妻に
ベールに包まれていた実写版「進撃の巨人」配役が明らかに!
国仲涼子“親公認”32歳のセクシー「100点です」
杏から「アン」吉高由里子に朝ドラヒロインバトンタッチ!
荒井晴彦、終戦70年記念映画で18年ぶりメガホン!二階堂ふみ×長谷川博己が参戦