日系企業が「紙おむつ」でアジア市場を狙う インドネシアでも大人気

ざっくり言うと

  • 昨年から、日系企業によるアジアの紙おむつ市場への巨額投資が相次いでいる
  • インドネシアではユニ・チャームの製品が浸透し、昨年のシェアで65%を達成
  • 同国では紙おむつの消費量が依然低く、今後も市場の拡大が期待される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x