男優と同額のギャラを勝ち取ったシャーリーズ・セロン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

シャーリーズ・セロンが新作『The Huntsman(原題)』で共演のクリス・ヘムズワースと同額のギャラを要求し、1000万ドル(約12億円)以上の出演料を勝ち取ったとニューヨーク・ポストが伝えている。

【写真を見る】シャーリーズはオスカー受賞経験もある実力派女優/写真:SPLASH/アフロ

「シャーリーズはクリスと同額のギャラがほしいと強く主張した。彼女には実績があるので、同額の出演料が支払われることになった」と関係者が証言している。

また、別の関係者は「ソニーのハッキング事件の波及効果で、スタジオは女優を起用するときに男優とのギャラ格差の問題を慎重に考えなければならなくなった」と語っており、ソニー幹部に送られたメールが流出してハリウッド男優と女優の出演料格差が明らかになって以来、平等なギャラを求めて戦う女優たちが増えているという。

昨年末、ハッカー組織Guardians of Peaceが流出させたソニー幹部宛てのメールには、『アメリカン・ハッスル』(13)の主要キャラクターを演じた5人への報酬が明記されており、ジェニファー・ローレンスとエイミー・アダムスが、クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナーの男優3人よりも低い報酬だったことが判明した。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子、ジェニファー・ローレンスは第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞したオスカー女優でもあり、その肩書きがあっても男優たちには報酬が及ばないことが話題になっていた。

同じく、オスカー女優のシャーリーズ・セロン(第76回アカデミー賞主演女優賞受賞)。『スノーホワイト』(12)の続編である『The Huntsman』では、再び邪悪な女王ラヴェンナの役で猟師エリック役のクリス・ヘムズワースと共演する。【UK在住/ブレイディみかこ】