リチャード3世の親戚だというベネディクト・カンバーバッチ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ベネディクト・カンバーバッチがリチャード3世の親戚だったことが明らかになり、話題を呼んだばかりだが、意外にも遠戚だったことが判明したセレブリティたちはほかにも存在する。

【写真を見る】アヴリル・ラヴィーンの遠戚にはライアン・ゴスリング!その他の関係もチェック/写真:SPLASH/アフロ

まず1組目はライアン・ゴスリングとアヴリル・ラヴィーン。彼らは12親等の関係にあたり、ライアンとジャスティン・ビーバーも実は遠戚で11親等のいとこになるそうで、女性を虜にするルックスは明らかに血筋だろう。

さらに、不仲で知られているマドンナとレディー・ガガも実は9親等の関係であることが伝えられており、似た者同士といわれるのもDNAのなせる業かもしれない。マドンナは人気テレビ司会者のエレン・デジェネレスとも11親等で、ショウビズ界で活躍している遠戚が多いようだ。

一方、自ら著名人の中に遠戚がいたことを探し当てたのはマライア・キャリーで、彼女は英国のサッカー選手アシュリー・コールと自分が遠戚関係にあったことを発見した。「私の祖母の旧姓はコールなの。アシュリー・コールの先祖と祖母は同じアラバマの出身だったのよ」と話している。

さらに、英国のキャメロン首相とキム・カーダシアンの関係も13親等になるそうで、米国のオバマ大統領はブラッド・ピットの遠戚にあたることがわかっている。ブラッドの妻アンジェリーナ・ジョリーは米国の第67代国務長官ヒラリー・クリントンの遠戚だ。

また、有名なところではジョニー・デップとエリザベス女王が遠戚関係にあることはよく知られているし、パリス・ヒルトンとエリザベス女王も11親等ということになるそうだ。【UK在住/ブレイディみかこ】