「大好きな映画男優」と「大好きなドラマ男優」に選ばれたロバート・ダウニー・Jr./写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

7日にロサンゼルスのノキア・シアターで、ピープルズ・チョイス・アワードが開催された。

【写真を見る】「大好きな映画女優」と「大好きなアクション女優」に選ばれたジェニファー・ローレンス/写真:SPLASH/アフロ

「大好きな映画」にはアンジェリーナ・ジョリー主演の『マレフィセント』(14)、「大好きな映画男優」には、3年連続ノミネートのチャニング・テイタムと2年連続ノミネートのヒュー・ジャックマンを抑え、昨年に引き続き3年連続ノミネートのロバート・ダウニー・Jr.が選ばれた。

「大好きな映画女優」には3年連続ノミネートのスカーレット・ヨハンソン、2年連続ノミネートのメリッサ・マッカーシーを抑えてジェニファー・ローレンスが選ばれた。

「大好きな映画デュオ」には、『ダイバージェント』(14)のシェイリーン・ウッドリーとテオ・ジェームズ。「大好きなアクション映画」にはアメコミ映画4本(『アメイジング・スパイダーマン2』『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『X-MEN:フューチャー&パスト』)を抑えて『ダイバージェント』(14)が選ばれた。

「大好きなアクション男優」にはクリス・エヴァンスが、新たにカテゴリーに加えられた「大好きなアクション女優」にはジェニファー・ローレンスが選ばれた。

また、「大好きなコメディ映画」には『22ジャンプストリート』(14)が、「大好きなコメディ男優」には6年連続ノミネートのアダム・サンドラーが見事6連覇を果たした。「大好きなコメディ女優」には2年連続ノミネートのメリッサ・マッカーシーが選ばれた。

「大好きなドラマ映画」には『きっと、星のせいじゃない。』(2月20日公開)、「大好きなドラマ男優」にはロバート・ダウニー・Jr.、「大好きなドラマ女優」には2年連続ノミネートのエマ・ストーンを抑えてクロエ・グレース・モレッツが、「大好きなファミリー映画」には、3本のアニメ映画を抑えて『マレフィセント』 が選ばれた。

「大好きなスリラー映画」にはオスカーの呼び声も高い『ゴーン・ガール』(14)が選ばれ、同作主演のベン・アフレックは「大好きな人道主義者」に選ばれている。【NY在住/JUNKO】