初日挨拶に立った藤原竜也と岡田将生

写真拡大

藤原竜也と岡田将生がダブル主演した「映画 ST赤と白の捜査ファイル」が1月10日、全国292スクリーンで公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に藤原と岡田をはじめ、共演の志田未来、芦名星、窪田正孝、瀬戸朝香、佐藤東弥監督が出席。舞台挨拶が初回上映の時間帯だったため、藤原が「寒いなか本当に多くの人に集まっていただき、ありがとうございます。朝ですけどね、感謝しています。今年もよろしくお願いいたします。それでは、岡田君に代わります」とマイペースに話せば、岡田も「こんなに朝早くから舞台挨拶したのは僕も初めてで、びっくりしています。ちょっとまだ、本気で眠い」と明かし、会場は笑いに包まれた。

今野敏氏の小説を原作に、警視庁の科学特捜班(通称「ST」)の活躍を描いた。スペシャルドラマと連続ドラマを経ての映画化で、チームをまとめ上げるキャリア警部・百合根友久演じた岡田は、「僕自身、『ST』がスペシャルドラマで始まった時から、キャップとしてメンバーを愛そうとして、愛してきた自信があります」と語り、「今日で初日で、僕自身寂しくて、皆さんの心の中にSTメンバーが残ればいいと思っています」と胸の内を吐露した。

一方、天才分析官・赤城左門に扮した藤原は、「シリーズでやり残したことは?」との質問に「窪田君が、毎回とんでもない身体能力の動きをしていたので、そういうものもいいなと思っていた」と回答。窪田は「僕は逆に謎解きをしたいですけどね。たくさんしゃべって、『謎はすべて解けてしまった』というの、1回でいいからやりたい」と願ったが、「何せしゃべれない役なので、それはなかなか難しい」と苦笑いを浮かべていた。

さらに登壇陣は、「『ST』でやってみたいこと」の話題で盛り上がり、劇中のSTチームさながらの和気あいあいとした雰囲気で舞台挨拶は進行。それを見守っていた佐藤監督は、続編について「メンバーが集まって、何をするか。事件を解決しなくてもいいんじゃないか。いろんな楽しみ方があると思います。皆さんの要望が大きければ、(続編を)やるかな? とも思います」と明かし、観客の期待をあおっていた。

■関連記事
芦名星、酔った岡田将生の素顔を暴露
藤原竜也“キャップ”岡田将生に最敬礼「映画 ST赤と白の捜査ファイル」完成披露
「映画ST」に“天才ハッカー”ユースケ・サンタマリア、謎の女・安達祐実らが参戦
藤原竜也主演のドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」映画化 2015年1月公開
【作品情報】「映画 ST赤と白の捜査ファイル」