『映画ST赤と白の捜査ファイル』の初日舞台挨拶に登壇した藤原竜也と岡田将生

写真拡大

人気ドラマの映画化『映画ST赤と白の捜査ファイル』の初日舞台挨拶が、1月10日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。主演の藤原竜也や岡田将生ら豪華キャストと佐藤東弥監督が登壇した。

【写真を見る】芦名星と瀬戸朝香の美脚対決に注目!

藤原は「多くの人に受け入れていただけるような温かい作品に作ってもらいました」と作品への手応えを語った。岡田は「僕自身、STのメンバーをいちばん愛してきた自信がありますが、みなさんからの愛も感じました」と喜ぶと、会場から「愛してるよ!」とラブコールが入り、笑顔を見せた。

正月明けということで、藤原や岡田、志田未来、芦名星、窪田正孝、瀬戸朝香、佐藤東弥監督は、赤のハッピ姿で登壇。『ST』シリーズでやり残したことを尋ねられた藤原は「窪田くんがとんでもない身体能力をしていたので、そういうのも良いな。今回、少し黒崎(窪田正孝)と対峙するシーンもあるので、念願叶って良かったですが」とコメント。窪田は「僕は謎解きがしたいです!」と、藤原の役どころを羨ましがった。

STのメンバーに振り回される役だった岡田は、「クールな役がやりたい」と、林遣都演じる池田管理官の役を希望。芦名は「みんなが揃うシーンが好きなので、キャップ(岡田将生)は大変だと思うけど、全員がいっしょに動くシーンをやりたいです」と言うと、岡田は「面倒くせえ」と苦笑い。佐藤監督はキャスト陣のそれぞれの希望について「できれば、全部やりたい」と、続編制作への意欲を口にした。

正月明けということもあり、藤原たちは赤白の獅子舞を先頭に、公開初日祝いの赤白のお餅を捲きながら場内を練り歩き、大ヒットを祈って特製酒樽で鏡開きも行った。

警視庁に設立された科学捜査班“ST”の活躍を描く『映画ST赤と白の捜査ファイル』は、今野敏による警察小説の映画化作品。そのリーダーで法医学のスペシャリスト・赤城左門(藤原竜也)と、STの管理を任されたエリートの警部・百合根友久(岡田将生)をはじめ、個性豊かな変わり者の分析官たちが、難事件に挑む。【取材・文/山崎伸子】