『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の初日舞台挨拶が開催!

写真拡大

人気アニメを映画化した『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の初日舞台挨拶が1月9日に新宿バルト9で開催され、声優の花澤香菜、関智一、野島健児、神谷浩史、塩谷直義監督が登壇。花澤が「女子には是非、狡噛さんの体を凝視してほしい。ヨダレに注意してください」と見どころとして、人気男性キャラクター・狡噛慎也役の登場についてアピール。会場の笑いを誘った。

【写真を見る】神谷浩史はTVシリーズのオーディションに落ちていたことを告白!『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』初日舞台挨拶の様子

本作は、総監督を本広克行、ストーリー原案&脚本を虚淵玄(ニトロプラス)が手掛け、人気を博したSFサスペンスアニメ初の劇場版。

TV第1期・2期、劇場版を通して、高度な管理社会の中で正義を問うヒロイン・常守朱役を演じる花澤は、「そのような社会になった場合、朱ちゃんみたいに自分の考えを持って行動できるのかと考えてしまいます」と刺激を受けた部分も多かった様子。本シリーズを「朱ちゃんの成長物語」と表現し、大役を演じきったことに充実の表情をのぞかせていた。狡噛役の関は、「狡噛はスキルがあって強い男。僕みたいなチンケな男が、あんな大それたことはできません!」と狡噛と自身との違いを叫び、「僕は色相が濁っている側です」とコメント。会場も大爆笑だった。

劇場版からの参加となったのが、ニコラス・ウォン役の神谷だ。神谷は「実はTVシリーズのオーディションを受けています。みなさん、ご存知の通り落とされています」と告白。会場からも驚きの声が上がったが、「悔しいから自分が落とされた作品なんて見るもんかと思っていたんですが、劇場版のオーディションを受けさせていただけることになって。結果見ることになったら、すごく面白かった」と、すっかり本シリーズに魅了された様子だった。

最後には関が「まだ続編も期待しています。また次回作でお会いしたいと思います」と早くも会場の期待を膨らませ、宜野座伸元役の野島も「劇場版はアクションがものすごい。気が付いたらのめりこんで見られる作品。二度三度と見たくなる」と大満足の表情で会場に訴えていた。【取材・文/成田おり枝】