スティーブン・ソダーバーグ監督Photo by Walter McBride/WireImage/Getty Images

写真拡大

映画監督からの引退を宣言しているスティーブン・ソダーバーグ監督が、2014年に鑑賞したあらゆるエンタテインメント作品を、自身の公式サイトExtension765で発表した。

リストは、昨年鑑賞した映画・ドラマ・書籍のタイトルが記されているだけのシンプルなものだが、1月1日のクライムドラマ「トゥルー・ディテクティブ」を皮切りに、大みそかの「街の灯」まで、ぎっしりと書き込まれている。最新の映画やドラマとあわせて、「卒業」「2001年宇宙の旅」「ゴッドファーザー」「カサブランカ」「サンセット大通り」といった名作をコンスタントに鑑賞しており、書籍では村上春樹の著書「ふしぎな図書館」も読んでいる。

ソダーバーグ監督は昨年、自身が制作総指揮を務めるテレビドラマ「The Knick」全エピソードの編集・監督を務めており、「マジック・マイク」の続編「Magic Mike XXL」でも撮影と編集を担当。多忙な生活を送るなかでの旺盛な知的好奇心に驚きを禁じえない。

■関連記事
映画界引退表明のソダーバーグ監督作、ファンが最後にもう一度見たいのは?
「マジック・マイク」続編クランクイン!ソダーバーグは撮影監督&編集
ソダーバーグ「ガールフレンド・エクスペリエンス」がテレビドラマ化
ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2014年の映画ベスト10
エドガー・ライト監督が選ぶ2014年の映画ベスト10