「あん」場面写真(C)映画「あん」製作委員会

写真拡大

樹木希林が主演し、世界的に高い評価を受ける河瀬直美監督がメガホンをとる「あん」の特報映像がこのほど公開された。樹木は、今回初めて映画の特報ナレーションを担当し、映像内で同作に寄せる思いを語っている。

ドリアン助川氏の同名小説を実写映画化。刑務所から出所し、どら焼き屋「どら春」で雇われ店長をしていた千太郎のもとで、老女・徳江(樹木)が働くことになる。徳江の作る粒あんが美味しいと評判になり、繁盛店となった「どら春」だったが、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことから店にいられなくなってしまう。

自身も病と闘っている樹木は、特報映像で「どのシーンも、これが最後なのかな、なんて思いながら頑張っています」と穏やかに語り、「あなたには、やり残したことは、ありませんか?」とメッセージを投げかけている。同作の製作発表会見で、「河瀬さんが、(関係者が)『樹木さんの遺作として売りたいんじゃないか』とおっしゃっていた」と冗談めかして語った樹木。この特報映像から、“女優・樹木希林”の覚悟が垣間見える。

「あん」は6月から全国公開予定。

■関連記事
【動画】「あん」特報
樹木希林、河瀬直美最新作が「遺作になるのを望まれている」とジョーク
ピース・又吉直樹、樹木希林と意気投合で“熟女好き”に?
樹木希林、主演ドキュメンタリーに夫・内田裕也も太鼓判「見てないけど」
吉永淳「2つ目の窓」でサハリン国際映画祭・主演女優賞受賞!