レビットが演じたのは映画オリジナルキャラ、ギャンブラーのジョニー(C)2014 Maddartico Limited.  All Rights Reserved.

写真拡大

昨年末に一般女性と結婚し、“幸運の女神”を手に入れたジョセフ・ゴードン=レビットが、「シン・シティ 復讐の女神」で初登場するシーンを映画.comが独占入手した。

ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー監督作「シン・シティ」(2005)の続編。「バットマン」シリーズや「300」として知られるミラーの同名グラフィック・ノベルで最も人気の高いエピソード2話と、ミラーが映画のために新たに書き下ろした2話で構成される。ゴードン=レビットが登場する映画オリジナルエピソード「The Long, Bad Night」は、一攫千金を狙い、シン・シティに舞い戻ってきた流れ者の話だ。

このほど公開された映像に映し出されるのは、ゴードン=レビット扮するジョニーがオープンカーでさっそうとシン・シティへ向かう場面。映画オリジナルのキャラクターであるジョニーは、街一番の権力者であり、極悪人のロアーク上院議員(パワーズ・ブース)にポーカーで勝負を挑み、成り上がろうとする。

原作コミックのファンだというゴードン=レビットは、「ジョニーはコミックでは描かれていない人物だから、誕生した時には特異性を持ち合わせていなかった。こんなに協力的でオープンな両監督と一緒に役作りを行えたこと、また自分の創造性によっても映画に貢献できたことは、役者冥利に尽きるよ」と振り返る。

一方、ミラー監督も、「ジョセフ・ゴードン=レビットは、他の名優たちと同様に自らの演技と即興性によって、監督や脚本家に多くのことを教えてくれる優れた役者だ。彼から得たヒントによって、私はより明確で力強く感情のこもったセリフを書くことができたと思うよ」と信頼関係を明かした。

欲望渦巻く罪の街で、腐敗した権力に汚されたアウトサイダーたちの壮絶な復しゅう劇。前作に続きロドリゲス&ミラーが共同でメガホンをとり、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスら豪華キャストが続投する。ゴードン=レビットのほか、ジョシュ・ブローリン、エバ・グリーンらが新たに加わった。

「シン・シティ 復讐の女神」(3D/2D)は、1月10日から東京・TOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開。

■関連記事
【動画】「シン・シティ 復讐の女神」ジョニー登場シーン
ジョセフ・ゴードン=レビットが結婚 お相手はロボット工学会社CEOの才媛
米タイム誌が選ぶ2014年俳優による演技トップ10
「シン・シティ」最新作のロドリゲス監督、豪華キャストをまとめた撮影術を告白!
アルバのダンスにJ・G=レビットの新キャラも!「シン・シティ」第2弾の予告編公開