楽しみ! - ミュージカル「ウィキッド」より
 - Kristian Dowling  / Getty Images

写真拡大

 ミュージカル「ウィキッド」の映画化が2016年の全米公開を目指して進行中であることがわかった。

 プロデューサーのマーク・プラットは「2016年公開が目標だ。本当にその通りにできるかはわからないけど」と映画サイトFilm Dividerにコメント。2016年公開という一応の目標はあるものの、「超えなくてはならない基準がすごく高いんだ。脚本も精査しなくてはならない。映画化の準備は進んでいるけど、急いではいないよ」と名舞台のクオリティーを保つための時間は惜しまないとしている。

 プラットは映画版「ウィキッド」について、『リトル・ダンサー』などのスティーヴン・ダルドリー監督がメガホンを取る予定であること、また現在、ミュージカル版でも脚本を務めたウィニー・ホルツマンが映画版の脚本を執筆中であることも明かした。

 「ウィキッド」は、「オズの魔法使い」に登場する西の悪い魔女エルファバと南の善い魔女・グリンダの知られざる友情を描いた大ヒットミュージカル。日本では劇団四季の公演でも知られている。(編集部・市川遥)