続編は人類誕生の秘密が暴かれる!(C)2012 Blind Spot Pictures, 27 Film Productions,New Holland Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

月の裏側に潜んでいたナチスがUFOの大群を率い地球を侵略するという大胆な設定で話題を呼んだSF映画「アイアン・スカイ」の続編「アイアン・スカイ:ザ・カミング・レース(原題)」が、米クラウドファンディングIndieGoGoで56万0949ドル(約6800万円)の資金調達に成功した。キャンペーンは今回で3回目となり、前作と同様、映画ファンからのカンパで合計100万ドル以上(約1.2億円)が集まった。

続編は、前作から20年後が舞台となる。地球で核戦争が勃発し、ナチスの月面基地は人類最後の避難場所になっていたという設定。人類の存亡をかけ地球の中心に向かったところ、そこではハ虫類に変身する種族“ブリル”と恐竜の大群との戦いが待ち受けており、人類誕生の真実の裏に隠された秘密が暴かれるというストーリーだ。冒険や発見に重点を置いた内容で、「『アイアン・スカイ』が、『ジュラシック・パーク』のサファリでインディ・ジョーンズに出合う」といったテイストを目指すという。

出資額に応じてさまざまな特典が受けられるが、昨年11月から2カ月にわたり行われた今回のキャンペーンでは、エキストラ出演できる権利が人気を呼んだ。月面基地の兵士や住民、恐竜から逃げる人々、“ブリル”などの役が200ドル(約2万4000円)から用意された。5000ドル(約60万円)でT-REXに食べられる役も含め、全部で325人分が用意されたが、すべて完売した。

現在プリプロダクション中で、4〜9月にドイツ・ベルリン近郊で撮影する予定。前作のティモ・ブオレンソラ監督をはじめ、ユリア・ディーツェ、ステファニー・ポール、ウド・キアといったキャストが続投するほか、「悪魔の毒々モンスター」の監督ロイド・カウフマンやカナダ人俳優トム・グリーン、フィンランド人俳優カリ・ケトネンらが新たに加わる。2016年にベルリンとフィンランド・ヘルシンキとでプレミア上映が行われる。

■関連記事
世界で話題の低予算SF映画「アイアン・スカイ」フィンランドのスタジオを訪問
「アイアン・スカイ」映画評論
性転換モデルのA・ペジック、自身のドキュメンタリー製作に向けて資金募集
ロブ・ゾンビ新作は殺人ピエロ映画! クラウドファンディングで始動
白血病の「バットキッド」ドキュメンタリー、クラウドファンディングで資金募集