英国人記者が振り返る2014年のJリーグ 人種問題や外国人監督の「失敗」など

ざっくり言うと

  • 2014年の日本サッカー界の出来事をイギリス人記者が振り返っている
  • 最初の話題はフォルランのC大阪移籍で、3月には浦和の人種差別問題があった
  • 来季からは2ステージ制となり、シーズンの劇的な幕切れは味わえなくなる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x