「ハウス・オブ・カード 陰謀の階段」の一場面写真:Everett Collection/アフロ

写真拡大

ネットフリックスの普及で、アメリカではドラマの“一気見”が定着していると米ハフィントン・ポストが報じている。

アカデミー賞の集計を行うことで知られるプライスウォーターハウスクーパースは、アメリカの成人1000人を対象にテレビ視聴に関するアンケートを実施。すると、51%が「ビンジ・ウォッチャー」(一気見をする人)であると回答。6割の回答者が1度は3話から4話分を一気に視聴したことがあるといいい、日常的に行っている人は半数に達している。

米ストリーミング動画大手のネットフリックスは、このトレンドをいち早くつかみ、「ハウス・オブ・カード 陰謀の階段」や「Orange is the New Black」といったオリジナルドラマの全話を同日配信して話題を集めてきた。回答者の半数が前年よりも一気見をする機会が増えたと返答していることから、アメリカで新たなテレビ視聴のスタイルが定着したといえる。

■関連記事
ネットフリックスがオリジナル番組を増産へ
ドラマ“イッキ見”米1位は危険な化学教師「ブレイキング・バッド」!
米IMDbユーザーが選んだ2014年のテレビシリーズトップ10 「進撃の巨人」が10位に
ネットフリックス、米人気ドラマ「ブラックリスト」を1話200万ドルで獲得
ネットフリックス、トーク番組に進出