キャサリン・ウォーターストンPhoto by David Livingston/Getty Images

写真拡大

ポール・トーマス・アンダーソン監督の新作「インヘレント・バイス(原題)」に出演し脚光を浴びた英女優キャサリン・ウォーターストンが、スティーブ・ジョブズの伝記映画のヒロインに抜てきされた。

同作は、ウォルター・アイザックソンの評伝「スティーブ・ジョブズ」を「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが脚色した意欲作で、ダニー・ボイルが監督、スコット・ルーディンがプロデュースを手がける。米Deadlineによれば、マイケル・ファスベンダーがジョブズ役を演じ、ジョブズの最初の妻クリスアン役をウォーターストンが演じる。

ほかに、アップルの共同設立者スティーブ・ウォズニアック役をセス・ローゲンが、マッキントッシュOSの主要開発者だったコンピュータプログラマーのアンディ・ハーツフェルド役をマイケル・スタールバーグが演じる。ユニバーサルが製作し、2015年クランクイン。

■関連記事
ナタリー・ポートマン、スティーブ・ジョブズ映画に参加か?
スティーブ・ジョブズ伝記映画、ユニバーサルが3000万ドルで獲得
スティーブ・ジョブズ伝記映画からソニー・ピクチャーズが撤退
P・T・アンダーソン監督&ホアキン・フェニックスの新作公開日が決定
デビッド・フィンチャー監督、ジョブズ氏伝記映画を降板 法外なギャラ要求で