オーナーはなんとあの人! アヤしげな謎の店「ほぐし男 ふんどし職人」に行ってみた

写真拡大

<横浜のココがキニナル!>
加賀町警察西交差点に「ほぐし男、ふんどし職人(ふんどし男の画像付)」の看板シールが。「ふんどし」から「ゲイ」関係を想像するも、警察の近くでやるとは思えない。求人もしてたよう。(tttさんのキニナル)

【写真】楽しんごさんの施術を体験!

※本記事は2014年12月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

中華街にある加賀町警察署。なんと、その近くに「ほぐし男 ふんどし職人」というアヤしげな看板が掲げられているらしい。“男性オンリー”の店なのか? そもそもナゼ“ふんどし”!? ふんどし姿の男性が多数在籍しているのだろうか・・・。

11月初旬現在、インターネットで検索しても求人情報のみで電話番号は出てこない。その存在がキニナルので現地へ突撃!

■ナゾの店「ほぐし男 ふんどし職人」とは!?

JR石川町駅から中華街を通り、加賀町警察署へ。周囲をうろうろしていると・・・
 

ああっ! あった!!!
・・・看板からはどんな店なのかよく分からず、不安になってくる。
が、覚悟を決めて1人で中へ。

この日はギッシー(はまれぽ編集部・山岸)が忙しいため、「1人で飛び込み」。階段を上がる度に不安が増す。
 

3階に到着すると、アヤしげなポスターがあり“さらなる不安”が!

・・・ドキドキしながらインターホンを鳴らす。だが、誰も出てこない。どうしよう? 取材不可か!? いや、ここまで来たら行くしかない! もう一度インターホンを押してみる。すると・・・

「はい」と若い男性が出て来る。アポなし突撃で来た松宮(筆者)を見て驚く男性。そして男性を見てかたまる不審な訪問者・松宮。勇気を出し、取材を申し込む。恐る恐る「・・・こちらは風俗店なのでしょうか?」と尋ねる。すると、「いえ、男女のお客様が来店できる健全なお店です」と男性。
・・・扉の向こうでは一体何が行われているのか!?

「ほぐし男 ふんどし職人」は2014(平成26)年11月にオープンしたばかり。そのためホームページがないらしい。お話を聞いているうち、オーナーは「(タレントの)楽しんごさん(以下、しんごさん)」と判明。まったく情報がなかったので“超びっくり!” 「これからお客さんが来る」ということで、後日あらためて取材させていただくことに。

■「ほぐし男 ふんどし職人」の店内へ!

・・・取材当日。ギッシーと「どんなお店なんだろうね」と言いながら「ほぐし男 ふんどし職人(以下、ふんどし職人)」へと向かう。
 

先日突撃した時に対応してくれた店長の町田さんにお話を伺う。

まずは町田さんのご経歴を伺うことに。もともと町田さんは、芸能事務所に所属していたそうだ。そしてイベントでしんごさんと知り合い、“ほぐしの道”へ。

高校時代には総合格闘技やキックボクシングをしていたが、ケガをして断念。しかし、タレントとして出演していた番組で格闘技を行う機会があり、また始めたとのこと。以後、マンツーマンで肉体改造の指導を行う「パーソナルトレーナー」の資格を取り、2年ほどしんごさんの下で修業。「ふんどし職人」の店長に就任した。
 


「ふんどし職人」はふんどしを着けた男性が施術を行う。「・・・施術中もお客さんにふんどしを見せているんですか?」と尋ねると、「(下には着けているものの)いいえ」と町田さん。とてもはずかしいが、「見せて」とお願いすると・・・
 

男らしく“どーーーん”と見せてくれる。
・・・ふんどし姿の男性を「間近で初めて見た!」

コースは全身や足つぼをほぐすコースやパーソナルトレーニングなどがある。風俗店ではなく「男女が通える健全なお店です」と町田さん。客層は「20〜30代の男女」で男女比は半々。
 

お客さんの中には風俗店と勘違いして来店する人も。また、「あっち系」の方が来店することもあるそうだが、「あっち系」でも「施術OK」。
 

しかし、すべてのお客さんは禁止事項を確認した上で施術を受ける。

人気のコースはやはり全身の施術を行う「ほぐしコース」。通常30分からで、料金は3800円だ。現在はオープンキャンペーン中で、通常にはない「20分コース」を1980円で体験できる。「全身ほぐしコース(45分)」は通常4800円だが、3980円だという。キャンペーンは今のところ「いつまで行うか未定」なのだそう。

ほかには食事やサプリメント摂取の指導、マンツーマンでトレーニングを行う「パーソナルトレーニング細胞G(サイボーグ)」も人気らしい。このコースの期間は2ヶ月で肉体改造を行うパーソナルトレーニング(1回あたり2時間ほどで週2回)」が含まれている。費用は30万円。他店でこのコースを受けた人の中には2ヶ月で14kg痩せた人もいるんだとか。

 

■なんと! あの人が乱入!?

町田さんにお話を伺っていると、ドアが開く。振り返ると、なんと! 楽しんごさんの姿が! お姉さんと中華街に遊びに来たので「(取材中の)店にも寄った」とのこと。

まず「なぜふんどしなのか」尋ねる。すると「エンターテイメント性を追求したかったから」としんごさん。日本では“祭”というとふんどし。
 

加賀町警察の裏に「ふんどし職人」をオープンさせたのは「たまたま物件が見つかったから」。しんごさんは保土ケ谷区の和田町出身。なので「(ふんどし職人を)横浜に出したかった」とのこと。
 

現在、しんごさんは都内在住だが「横浜に戻って来ると癒される」とのこと。

「16歳から和田町の整骨院でアルバイトをしていた」というしんごさん。マッタージ(注・しんごさん流のマッサージ)を行い、「人によろこんでもらうこと」に目覚めたのは子どものころ。「親や親戚にマッタージをしたら、よろこんでくれた上にチョコレートをいっぱいもらった(笑)」という経験から興味を持ったそうだ。

取材に一緒に来てくださったしんごさんのお姉さんに「どんなお子さんだったんですか?」と尋ねると「あのまんまです(笑)」と答えてくれる。

その後、18歳から根岸の石油会社に3年間勤務。それは「石の上にも3年という父の言葉があったから」だそう。19歳の時には会社勤めをしながらタイや日本各地で施術の修業を行い、独自の手技「エンジェルタッチ」を開発。桜木町にある「ブリーズベイリゾート&スパ」内や岡野町にある個人店に勤めていたことも。

現在、しんごさんはエステサロンや整骨院など全国に5店舗を展開。2015年3月には「ふんどし職人」2号店が福岡県にオープンする予定。

■キニナル施術を体験!

通常、しんごさんは店にいないが「イベント時には訪れる」とのこと。しんごさんは出張でも施術を行っており、各地にお客さんがいるそうだ。

某有名人の足裏をほぐしていたところ「この人は肺が悪い」と感じたしんごさん。「肺に注意した方がいいですよ」と忠告。後日、その某有名人が病院に行ったところ「肺がんだった」と連絡があったそう。しんごさんが施術を行う場合、15分で5000円。60分だと2万円だという。
 


松宮は町田さんの施術(30分のほぐしコース)を体験させていただく。

まずは足裏から施術がスタート。ほぐす力加減は強くない。だが、肝臓や小腸のツボを押されると激痛が走る。腰にも張りがあるようだ。

施術には骨盤や脊柱の矯正を入れていく。

町田さんは施術が終わると汗だくに。聞くと、「施術にはかなり体力を使う」とのこと。そのため「施術を行うのは1日に数人が限界」らしい。

ここでしんごさん自らが松宮に施術を行ってくれることに。

途中、ポーズも入れながら施術を行う。

指を繊細に動かしていく「エンジェルタッチ」や力強く両脚で骨盤を挟んで行う骨盤矯正を行っていく。
 

最後は全身を軽く叩いて終了。

“繊細な指使いや弾くような手技”、“力強いが痛くはない骨盤矯正”など、さまざまな技術で全身をほぐしてくれたしんごさん。施術が終わるころには肩で息をしていた。
 

■取材を終えて

最初はまったく情報がないまま、ドキドキしながら1人で「ふんどし職人」に突撃した。が、同店が楽しんごさんプロデュースと知り、本当にびっくり! 「ふんどし職人」はしんごさんが開発した施術を取り入れ、“ふんどし”“日本男児”というユニークなコンセプトを掲げた店だった。

諸事情あり、メディアの露出を控えていたが「12月より再開する」とのこと。
最後にしんごさんに「恋愛対象は?」と伺うと「男性」と答えてくれた。「現在恋人がいるか」については「ヒ・ミ・ツ」とのことだった!

―終わり―

店舗情報
「ほぐし男 ふんどし職人」
住所/横浜市中区山下町201GENビル3F
電話番号/045-641-7222
営業時間/13:00〜翌3:00
定休日/無休

※本記事は2014年12月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。