製作者としても活躍するブラッド・ピット写真:AP/アフロ

写真拡大

社会派作品をつぎつぎと生み出しているブラッド・ピットの製作会社プランBが、米制作者組合(PGA)より表彰されることになったと、ハリウッド・レポーター誌が報じた。

プランBは、アカデミー賞作品賞を受賞した「それでも夜は明ける」をはじめ、マーティン・ルーサー・キング牧師を題材にした最新作「Selma」、80年代のエイズ問題を描いたテレビドラマ「ノーマル・ハート」など、社会派作品を多く生み出している。その功績をたたえ、米制作者組合(PGA)は毎年1月下旬に開催するPGA賞で、特別賞にあたるVisionary AwardをプランBに授与することを決定した。

同社は他には「ツリー・オブ・ライフ」「ディパーテッド」「ワールド・ウォーZ」などを手がけている。PGA賞は2015年1月24日にハイアット・リージェンシー・センチュリー・プラザ・ホテルで行われる。

■関連記事
ブラッド・ピット「ブラックホーク・ダウン」脚本家とタッグ
有楽町にブラピ降臨!ファン500人詰めかけ一時パニックに
「フューリー」の緊張感に満ちたクライマックス場面の映像公開!
アンジェリーナ・ジョリー、水ぼうそうで監督作のプレミアを欠席
アンジェリーナ・ジョリーのウエディングドレス姿が英誌でお披露目!