能年玲奈、『海月姫』を猛アピール!

写真拡大

東村アキコの同名コミックを能年玲奈主演で映画化した『海月姫』の初日舞台挨拶が12月27日に新宿ピカデリーで開催され、能年が「お祭りみたいな映画。今日を迎えられて興奮しています。今日から“海月姫祭り”の本番なので、頑張りたいです」と笑顔で意気込みを語った。

【写真を見る】能年玲奈、手作りのぬいぐるみに愛情たっぷり!「力作です」とアピール

男子禁制の共同アパートに住むオタクな住人たちと、アパートに入り浸る女装美男子とのおかしな恋や友情を描く本作。この日は、能年をはじめ、菅田将暉、長谷川博己、太田莉菜、篠原ともえ、片瀬那奈、速水もこみち、原作者の東村アキコ、川村泰祐監督が登壇した。

クラゲオタクの主人公・月海役を演じた能年。クラゲのドレスを手作りするシーンもあるが、現場でもキャスト陣によって「手芸部」が発足されたという。月海の部屋に飾られたクラゲのぬいぐるみも能年のお手製だそうで、ステージにそのぬいぐるみも登場。能年は「ボリューミーに作ったクラゲ。力作です」と胸を張った。さらに、川村監督が「少女時代の月海ちゃんがつけている髪飾りも能年さんが作ったもの。あまりにも可愛いので、ぜひ劇中で使わせて欲しかった」と能年のお手製アイテムについて明かしていた。

また、女装美男子役として美しい女装姿を披露しているのが菅田。菅田は「今日をブラジャー記念日にしようと思う。僕にとってのブラジャー記念日を迎えられて嬉しい」と話し、会場も大爆笑。自身にとっての“オタク”を聞かれたのが速水で、速水は「アメリカンコミックのフィギュアが好きで、たくさん集めている」と告白。篠原が「オリーブオイルでしょ!」と突っ込んだり、片瀬が「フィギュアにオリーブオイルかけられたら嫌だよね」と茶々を入れると、速水は「みなさん、僕をバカにしています?」と怒りのコメント。会場の笑いを誘っていた。

原作者の東村は、クライマックスでは「感動して涙が出た」と映画化に大満足。「続編がある感じのラストだったよね。続編を作ってほしい人!」と会場に語りかけると、たくさんの手が上がるなど会場も早くも続編への期待いっぱい。最後には能年が「『ロッキー・ホラー・ショー』みたいに月海のコスプレや女装とかをして、みんなで合唱しながら楽しんでほしい」と一生懸命にアピール。賑やかな舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】