2月2日に逝去した俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

まもなく2014年も終わりを迎えようとしている。伝説の天才子役と知られるシャーリー・テンプルをはじめ、今年も多くの俳優や映画人が惜しまれつつこの世を去った。

【写真を見る】『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』でCIAの変わり者に扮したホフマン/[c]2007 Universal Studios and MP Munich Filmproductions GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

そのなかでも、特に2人の名優の早すぎる死が衝撃を与えた。フィリップ・シーモア・ホフマンは2月2日、ニューヨークの自宅で大量の薬物に囲まれて死んでいるのが発見された。ホフマンはアカデミー主演男優賞の『カポーティ』(05)を筆頭に、『ブギーナイツ』(97)や『パイレーツ・ロック』(09)など、ひと癖のある性格俳優として人気を集めた。

同じくオスカー俳優のロビン・ウィリアムズは8月11日、首を吊った状態で発見された。『ミセス・ダウト』(93)など多数のコメディ映画に出演するほか、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)や『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』(98)などでは、観る者を大きな感動で包みこんだ。

以下、偉大な功績を遺した映画人たちに追悼の意味を込めて、代表作と共に紹介する。【トライワークス】

アリシア・レット(女優・享年98)…代表作『風と共に去りぬ』(39)

マクシミリアン・シェル(俳優、プロデューサー、監督・享年83)…代表作『ニュールンベルグ裁判』(61)

フィリップ・シーモア・ホフマン(俳優・享年46)…代表作『カポーティ』(05)『ザ・マスター』(12)

シャーリー・テンプル(女優・享年85)…代表作『輝く瞳』(34)『テンプルちゃんの小公女』(39)

シド・シーザー(俳優・享年91)…代表作『おかしなおかしなおかしな世界』(63)

ハロルド・ライミス(俳優、監督、脚本家・享年69)…代表作『ゴーストバスターズ』(84)『アナライズ・ミー』(99)

アラン・レネ(監督・享年91)…代表作『二十四時間の情事』(59)『去年マリエンバートで』(61)

ミッキー・ルーニー(俳優・享年93)…代表作『ティファニーで朝食を』(61)

ボブ・ホスキンス(俳優・享年71)…代表作『モナリザ』(86)『ロジャー・ラビット』(88)

H・R・ギーガー(デザイナー・享年74)…代表作『エイリアン』(79)『デューン 砂の惑星』(84)

ルビー・ディー(女優・享年89)…代表作『ドゥ・ザ・ライト・シング』(89)『アメリカン・ギャングスター』(07)

イーライ・ウォラック(俳優・享年98)…代表作『荒野の七人』(60)『おしゃれ泥棒』(66)

ディック・スミス(特殊メイクアーティスト・享年92)…代表作『エクソシスト』(73)『アマデウス』(84)

ジェームズ・シゲタ(俳優・享年85)…代表作『ダイハード』(88)『BROTHER』(00)

マリリン・バーンズ(女優・享年64)…代表作『悪魔のいけにえ』(74)『ヘルター・スケルター』(75)

ロビン・ウィリアムズ(俳優・享年63)…代表作『いまを生きる』(89)『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97)

ローレン・バコール(女優・享年89)…代表作『脱出』(44)『マンハッタン・ラプソディ』(97)

リチャード・アッテンボロー(俳優、プロデューサー、監督・享年90)…代表作『大脱走』(63)『ジュラシック・パーク』(93)

リチャード・キール(俳優・享年74)…代表作『ロンゲスト・ヤード』(74)『007 私を愛したスパイ』(77)

エリザベス・ペーニャ(女優・享年55)…代表作『ラ★バンバ』(87)『ラッシュアワー』(98)

マイク・ニコルズ(監督・享年83)…代表作『バージニア・ウルフなんかこわくない』(66)『卒業』(67)