え、嫌われてる? デート中に男性がガッカリしてる、女子が無意識にやってる日常習慣4つ

デートに行くまではいい感じだったのに、ある日のデート以降、なぜか音信不通……、連絡しても素っ気ない。こんな経験ありませんか? これって、実は男子があなたの行動に、ガッカリしてしまったからなんです。

■ワインの銘柄がサラッと口から
レストランデートで、つい好きなワインの銘柄を口にしてしまう。これって「飲み慣れている」「そういう場所へよく足を運ぶのだろう」「お金がかかりそうだ」「そもそもデートしまくりってことでしょ」と、男子にはマイナス印象! 特に「お金がかかりそう」なのは一番の問題点。海外旅行や高級レストラン、エステやブランド品の話などは、すべてここへ直結! 男子はカッコつけたい生き物ですから、お金がいくらあっても足りません。

■箸やフォークで相手を指す
話している時、つい相手に向かってこの仕草。伝えたいことがたくさんあるのかもしれませんが、男子にとっては不快な気分になるだけ! これは相手を見下している行為なので、プライドの高い男子は不満に思うはず。指を指すのも同じ。「偉そうな女に興味はない」と、思うの納得です。男子は自分を立ててくれる人を好むんです!

■細かいところが雑
靴を脱ぐ場面で脱いだら脱ぎっぱなし、地面に置いていたバッグを膝やテーブルに乗せる、街角でもらったビラを握りつぶして捨てる、締まりかけたエレベーターの扉に思わず足先を入れて止める……。これらは本当に、「普段の生活が見えてくる」「がさつで育ちの悪さを感じさせる」と大減点! 自分でも無意識なので、指摘されて初めて気付く女子も多いのではないでしょうか? オバサンを想像させて、ムード台無しです!

■舌打ち、睨み
これも思わず出てしまう習慣化された行動。誰かとぶつかった時、列に割り込まれた時、子どもや通りすがりの散歩中の犬が絡んできた時、座席に座ろうとして先を越された時などなど。無意識に舌打ちしたり、不満を顔に出していませんか?どんなに可愛らしいそぶりを見せていても、この一瞬を男性は見逃しません。そしてそこに裏の顔を見てしまうんです! 「二面性が怖い」「性格悪そう」「気が短そう」と一気に評価は急降下。その矛先がいつ自分に向くかと思うと、距離を置きたくなります。

習慣というのは恐ろしいものですよね。自分では無意識なのですから、たちが悪い! 普段から意識して、自分の言動を観察しましょう。「うるさいな」と思っても、ご両親が指摘している部分は正しいかもしれません。

(鈴木ナナ/studio woofoo)