ケイト・ウィンスレットPhoto by Philip Cheung/WireImage

写真拡大

ケイト・ウィンスレットが、タイトル未定のスティーブ・ジョブズ氏の伝記映画に出演交渉中だと米バラエティが報じた。

同作は、ウォルター・アイザックソン著のベストセラー評伝「スティーブ・ジョブズ」を「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが脚色した意欲作。ソニー・ピクチャーズが数年にわたって企画開発をしてきたが、先頃撤退を表明し、代わってユニバーサル・ピクチャーズが引き継ぐことになっている。

ウィンスレットの役どころは不明だが、女性の主役ということで、おそらくはジョブズ氏の妻のローレン・パウエル、または若い頃にもうけた娘のリサ役ではないかと推測されている。なお少し前には、ナタリー・ポートマンが同役で交渉中だと報じられていた。

現時点では、ジョブズ氏役をマイケル・ファスベンダー、アップルの共同設立者のひとりであるスティーブ・ウォズニアック氏役をセス・ローゲンが演じる見込み。ダニー・ボイル監督がメガホンをとり、2015年中のクランクインを予定している。

■関連記事
ナタリー・ポートマン、スティーブ・ジョブズ映画に参加か?
ケイト・ウィンスレットに男児誕生
ケイト・ウィンスレットが大英勲章を受勲
スティーブ・ジョブズ伝記映画、ユニバーサルが3000万ドルで獲得
スティーブ・ジョブズ伝記映画、ディカプリオ降板で新たに4人の主役候補が浮上