「The Boxtrolls」の一場面写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

「コララインとボタンの魔女 3D」や「パラノーマン ブライス・ホローの謎」などストップモーションアニメを手がけるライカ(LAIKA)が、フォーカス・フィーチャーズと新作映画3作品の配給契約を結んだとハリウッド・レポーター誌が報じた。

ライカは、ナイキの共同創始者のフィル・ナイトの息子でアニメーターのトラビス・ナイトが立ち上げたアニメ工房で、最新作「The Boxtrolls」は今夏全米公開されている。フォーカス・フィーチャーズと今後3作品の配給契約を締結した同社は、その第1弾として古代日本を舞台にした「Kobo and the Two Strings」の製作を発表。マシュー・マコノヒー、シャーリーズ・セロン、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズが声の出演を果たし、最高経営責任者のトラビス・ナイトがはじめて監督を手がけることになる。

「Kobo and the Two Strings」は2016年8月19日の全米公開予定。

■関連記事
アニー賞ノミネーション作品が発表 「かぐや姫の物語」は3部門ノミネート
アードマン「ひつじのショーン」映画版が撮影開始
マーク・オズボーン監督&四角英孝が明かす「リトルプリンス 星の王子さまと私」の世界観
「アダムス・ファミリー」がアニメ映画化
「コラライン」製作スタジオ、新たな児童書の映画化権を獲得