「スクール・オブ・ロック」の一場面写真:Album/アフロ

写真拡大

リチャード・リンクレイター監督、ジャック・ブラック主演で大ヒットした「スクール・オブ・ロック」(2003)のミュージカル版が、2015年秋にブロードウェイで上演されることがわかった。

ミュージカル「キャッツ」「オペラ座の怪人」などを手がけた大物作曲家でプロデューサーのアンドリュー・ロイド・ウェバーが舞台化。米バラエティによれば、ウェバーと脚本家ジュリアン・フェロウズ、作詞家グレン・スレイター、音楽プロデューサーのロブ・カバロ、演出家ローレンス・コナーといった豪華クリエイター陣がチームを組む。

映画「スクール・オブ・ロック」は、落ちこぼれミュージシャンのデューイ(ブラック)が良家の子女が通う小学校へ代用教師として潜り込み、子どもたちにロックを教え込んでバンド・コンテスト出場を企むさまを描いた音楽コメディ。

ミュージカルはニューヨークのウィンターガーデン劇場で、15年11月2日からプレビュー公演、12月6日から本公演が開幕する。

■関連記事
テレビシリーズ版「スクール・オブ・ロック」の主演俳優が決定
「世界にひとつのプレイブック」原作者の新作をサム・ライミ監督が映画化
「スクール・オブ・ロック」がテレビシリーズ化
ミュージカル「キャッツ」が映画化? アンドリュー・ロイド=ウェバーが示唆
主人公の成長が一目瞭然「6才のボクが、大人になるまで。」本編映像を独占入手!