ハーバード大の学生が中国の携帯工場で学んだ「透明性の罠」とは

ざっくり言うと

  • ハーバード大学生が08年に中国の携帯電話工場で作業員になりすまして働いた
  • 「職場の透明性における悩ましいパラドックス」を研究するため
  • 常に監視された状態では、作業員は最高のパフォーマンスを発揮できなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x