結城中佐からの指令を受けて謎解きに挑む「ジョーカー・ゲーム」キャンペーン実施(C)2015「ジョーカー・ゲーム」製作委員会

写真拡大

亀梨和也主演の映画「ジョーカー・ゲーム」の公開を記念し、「WEB」と「リアル」を連動させた「Dead or Alive」キャンペーンが12月24日から開始された。特定の条件をクリアすれば、特別舞台挨拶優先購入権、特製QUOカード、映画Blu-ray&DVDエンドクレジットに名前掲載といった特典を得ることができる。

映画は、柳広司氏の同名小説を原作に、第2次世界大戦前夜の日本陸軍内に秘密裏に設立された諜報組織「D機関」の諜報員たちが活躍するスパイアクション。「Dead or Alive」キャンペーンは、WEBで出題される「指令」に、生活環境の中にある各所に隠された100問以上におよぶ「謎」を解きながら解答していくというもの。「謎」は日本全国300館以上の劇場や、4000店舗以上の書店などへ掲出予定で、映画のキャンペーンおよび同種の「謎解きキャンペーン」としても史上最大の規模となる。

「指令」を出すのは、劇中で主人公の嘉藤(亀梨)らスパイが所属する「D機関」の司令塔で、伊勢谷友介が演じる結城中佐。映画公式サイトでは、キャンペーンのために収録された結城中佐からのオリジナルメッセージも公開されている。また、亀梨自身も「D機関」の一員としてキャンペーンに参加し、自作の「謎」も出題する予定。

キャンペーン期間は2015年1月28日まで。映画は1月31日公開。

■関連記事
妻夫木聡、初日挨拶で感極まる 「バンクーバーの朝日」封切り
高円宮妃殿下「バンクーバーの朝日」ご高覧 主演・妻夫木聡は感無量
伊勢谷友介“結城中佐”新ビジュアル入手!入江悠監督は「ジョーカー・ゲーム」に込める思いを告白
亀梨和也主演「ジョーカー・ゲーム」公開は15年1月31日に決定!追加キャストも発表
亀梨和也「ジョーカー・ゲーム」主演で天才スパイに!入江悠監督がメガホン