(左から)ジャクソン監督、ビルボ役のマーティン・フリーマン、ガンダルフ役のイアン・マッケラン(C) 2014 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.

写真拡大

「ホビット」シリーズの完結編「ホビット 決戦のゆくえ」(公開中)の特別映像を、映画.comが入手した。

約6分間におよぶ本映像には、ピーター・ジャクソン監督、脚本と共同製作を兼ねたフィリッパ・ボウエン、フロド・バギンズ役のイライジャ・ウッド、ゴラムに扮したアンディ・サーキスらが出演。旅の途中でゴラムと出会ったビルボ・バギンズが、中つ国の運命と深く結びついた指輪を手に入れるシーンなど、同シリーズの名場面を交えながら「ホビット 決戦のゆくえ」の見どころや思い出を語っている。

「ホビット」の60年後を舞台にした「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで主演を務めたウッドは「『ホビット』の話が土台となって“旅の仲間”が結集され、中つ国の戦いへと続いていくんだ」と話す。また「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」(2003)で、ジャクソン監督らとともにアカデミー賞最優秀脚色賞を受賞したボウエンは、「『ホビット』『ロード・オブ・ザ・リング』の6つの物語はすべて互いを補完し合っているの。最終的には1つの大きな物語になる」と解説した。

ジャクソン監督も「本作は『ホビット』の完結編。これで両シリーズの物語が完成したから、すべての筋が通るんだ。『ロード・オブ・ザ・リング』の後に、またあの世界に戻れて嬉しかったよ」と語り、感慨深げにシリーズを振り返った。

■関連記事
【動画】「ホビット 決戦のゆくえ」中つ国コンプリートガイド特別映像
【特集】「ホビット 決戦のゆくえ」
「ホビット」の指輪をガンダルフ&ゴラムの等身大フィギュアとともに展示
オーランド・ブルームが明かす“レゴラス”への思いとハードな役作り
「ホビット」マーティン・フリーマンが語るピーター・ジャクソン監督と仲間たち