写真提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部が25日、都内で行われた3D映画『シン・シティ 復讐の女神』の映画公開を記念したイベントに登場した。芸能界最強の3D(3人でダチョウ倶楽部)ということで、本作の応援団長に就任。12月25日に渋谷のカジュアルアメリカンダイニングHOOTERS で、ダチョウ倶楽部応援団が結成された。

『シン・シティ 復讐の女神』は、"シン・シティ(罪の街)"を舞台に、繰り広げられる壮絶な復讐劇を描くグラフィックノベルの映画化作品。前作に続きバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーのコンビがメガホンをとり、前作から続投となったジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらに加え、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジョシュ・ブローリン、エヴァ・グリーンら豪華キャストが集結した。

映画に合わせ、革ジャンを着た強面男として登場したダチョウ倶楽部の3人。寺門ジモンは映画について「暴力が美しく見える」と興奮しながら言うと、肥後克広も「血しぶきがきれい。女がエロい」と絶賛。上島竜兵は「ブルース・ウィリスだよ。ふんがー!」と言うと、肥後から「それ、狼男じゃん」とツッコミが入り、会場は大爆笑。3人揃ってノリノリの「ヤー!!」もキメた。

3人のクロストークの後に、「HOOTERS」のスタッフ、フーターズガールが、シン・シティガールとして特別チアリーディングのセクシーパフォーマンスを披露。ダチョウ倶楽部の3人は彼女たちに近づくと「香水の良い香りがする」とうっとりした後、「ムッシュムラムラ!」をお見舞いし、会場は大爆笑。

続いて、お約束のアツアツおでんの土鍋が登場。肥後が「火を止めてもぐつぐつしてる」と苦笑いすると、上島は「スタッフがバラエティの人じゃないからわかってない。これ、本気だよ」とのけぞる。上島は熱い卵を口に入れられたり、こんにゃくをほっぺに当てられたりして、「わーっ!バカヤロウ!」と大騒ぎ。イベントは終始笑いに包まれ、大いに盛り上がりを見せた。『シン・シティ 復讐の女神』は1月10日(土)より全国公開。