山手線・家賃相場が安い駅ランキング! 高田馬場駅〜鶯谷駅間に集中

写真拡大

リクルート住まいカンパニーは、運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』の掲載データを集計し、「山手線29駅 家賃相場が安い駅ランキング」の調査結果をまとめた。

同社は、2014年1月1日〜3月31日に「SUUMO賃貸」に掲載された賃貸物件の情報から、マンション・アパートともに15戸以上登録されている駅を対象に、徒歩10分圏内にある10m2以上のワンルームの家賃相場を算出し、ランキングにまとめた。

家賃相場が最も安かったのは、豊島区にある駒込駅。明治期まで地域一帯は園芸の里としてにぎわった歴史があり、桜の品種「ソメイヨシノ」の発祥の地でもある。そのため駅の発車メロディは『さくらさくら』。現在の駒込駅周辺は、小学校から大学のキャンパスまで学校が多い落ち着きのある地域で、駅の徒歩約10分圏内には、桜が美しい都市公園「六義園」と「旧古河庭園」もある。

2位も同じく豊島区にある大塚駅。駅から連絡通路を通って都電荒川線・大塚駅前駅に行くことができ、さらに大塚駅から10分ほども歩くと東京メトロ・新大塚駅もあるという交通の便がいいエリア。駅が集まるこの一帯はマンションやアパートが立ち並び、商店や銀行、医院にもこと欠かない。大塚駅南口側には2013年、駅ビル「アトレヴィ大塚」も誕生している。

4位の西日暮里駅と6位の日暮里駅は隣接し、いずれも荒川区。両駅ともにJR京浜東北線の停車駅でもあり、西日暮里駅では東京メトロ千代田線と日暮里・舎人ライナーに乗り換えが可能。日暮里駅には京成電鉄も通っており、スカイライナーを利用して最短36分で成田空港へ行くことができる。開発が進みながらも歴史ある寺院が点在し、裏路地には個人商店もあり下町風情が残る。

トップ10の中で唯一、新宿区からランクインしたのは8位・高田馬場駅。西武新宿線と東京メトロ東西線も利用でき、都内屈指の繁華街である池袋駅・新宿駅どちらからもJR山手線で2駅。便利な立地にもかかわらずランクインした理由は、大学や専門学校が集まる学生街であり、若者向けの手ごろな家賃の物件が多いことによる。学生街のため安さが売りの飲食店が豊富な点も魅力。

今回の調査で最も家賃相場が高かったのは、有楽町駅の15.5万円。1位の駒込駅はこの半額以下で、JR山手線の家賃相場に幅があることがわかった。また、トップ10は高田馬場駅〜鶯谷駅間に集中しており、JR山手線沿線の物件は「JR中央線よりも北側がリーズナブル」と言える。

(エボル)