有馬記念「フィナーレを彩る」実力馬(3)
【ジェンティルドンナ編】

 3年に渡って咲き誇った華が、いよいよ見納めの時を迎える。有馬記念で引退予定のジェンティルドンナ(牝5/石坂正厩舎)が3年間の競走生活で残してきた足跡は、GI競走6勝という数字には収まらない、これまでの日本の競走馬の規格を大きく超えるような輝きを放つものだった。

 最初に光を放ち始めたのは、3歳の初め。12月に未勝利戦(京都芝1600m)を勝利し、続いて臨んだシンザン記念(GIII、京都芝1600m)でいきなり難なく重賞勝利を挙げる。歴史に大きく名を残す三冠馬の名を冠したレースを勝利したことは、その後の偉業を予感させるものだった......と言いたいところだが、この時点では実は主役が他にいた。

 ひと世代前の名牝ブエナビスタを姉に持ち、自身1戦1勝で阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、阪神芝1600m)を制したジョワドヴィーヴルだ。前年の有馬記念を最後に引退したブエナビスタからのバトンは、その3つ下でディープインパクトを父に持つ半妹に引き継がれたというのが、衆目の一致した意見だった。

 しかし、"名牝"のバトンを託されていたのは同じディープインパクト産駒のジェンティルドンナの方だった。競馬の運命の女神は時に慈悲深く、時に無慈悲だ。主役の座を追われたジョワドヴィーヴルは、その後1度も勝つことなく、4歳春に非業の最期を遂げる。

 一方、バトンを受け取ったジェンティルドンナは快進撃が始まる。春は桜花賞(GI、阪神芝1600m)、オークス(GI、東京芝2400m)とクラシック二冠を制覇。秋もローズS(GII、阪神芝1800m)から秋華賞(GI、京都芝2000m)と勝利して、史上4頭目の牝馬三冠を達成すると、その勢いに乗って、凱旋門賞で勝ちに等しい2着となったオルフェーヴルをもジャパンカップ(GI、東京芝2400m)で撃破してしまう。3歳牝馬にしてジャパンカップを制するのは史上初めてのことだが、それ以上に、あのオルフェーヴルを相手に馬体を擦らせながら一歩も引かずに捻じ伏せたという、3歳牝馬らしからぬ逞しいレースぶりは大きな衝撃を与えた。
 
 4歳を迎えたジェンティルドンナは牝馬同士の戦いには見向きもせず、超一線級の牡馬とのレースに身を投じ、さらに結果を出していく。ドバイシーマクラシック(GI 、メイダン芝2410m)ではセントニコラスアビー相手に最後まで食い下がり2着となり、その秋のジャパンカップでは史上初の連覇を達成。さらに翌年のドバイシーマクラシックでは、周りを完全に囲まれた絶体絶命の状態から一瞬の切れを見せてシリュースデゼーグル以下を一蹴し、ついに海外でもGI勝利を果たした。

 史上初の父娘三冠、史上初の3歳牝馬でのジャパンカップ制覇、さらに史上初のジャパンカップ連覇、そして日本調教牝馬として初のドバイシーマクラシック制覇。これ以上何を望むのかというほどに次々と新たなステージを切り拓いてきた。
 
 しかし5歳になると「らしからぬ」レース振りを見せるようにもなっていた。今年初戦の京都記念(GII、京都芝2200m)では、早めの競馬から伸びを欠き6着。続くドバイで結果を出したことで、この敗戦はひと叩きとしてノーカウントとも扱われかけたが、前半の総決算である宝塚記念(GI、阪神芝2200m)でも、まったくいいところもなく9着に敗れてしまう。負けたとしても大きく崩れることがなかっただけに、衰えを危惧する声も少なからず聞こえるようになった。
 
 迎えた最後の秋シーズン。天皇賞・秋(GI、東京芝2000m)から始動し、空前絶後のジャパンカップのV3を最大目標とされた。休み明けの天皇賞を前年と同じく2着とし、満を持してライアン・ムーア騎手を鞍上に配して臨んだジャパンカップだったが、エピファネイアの覚醒の前に4着に敗れる。

 もう、これで終わりなのか。しかし......。

「やっとの4着なら引退だったろうけど、このままでは心残りがある」

 管理する石坂正調教師はジャパンカップのレース後、すぐにグランプリ参戦を表明した。心残りとは、不完全燃焼だったレースぶりによるものだ。レース後、手綱を取ったムーア騎手は、敗因を前日の雨によって柔らかくなっていた馬場に求めた。主催者発表は良馬場だったが、硬く乾いたのではなく、緩く乾いたもので、ジェンティルドンナの武器であるキレ味を活かせる馬場ではなかったのだという。完全な力負けでないことを証明するためのラストランだ。
 
 結果と内容次第では引退戦とも考えられていたジャパンカップだったが、皮肉にもその後の方が状態も上がってきているという。

「4、5歳の春にドバイ遠征があったため使い込まず、3走続けて使うのは一昨年のジャパンカップ以来。牝馬にもかかわらず使いながら良くなるタイプで、当時は秋一番の仕上がりに見えました。実際にレースでもオルフェを競り落とし、3着以下に大きな差をつけました。休み明けを2度使い、『年を取ったぶん、使っていった方がいい。ジャパンカップの時よりいくらか良く感じる』と日迫厩務員が言えば、一週前に騎乗した戸崎圭太ジョッキーも『天皇賞の時より気持ちが入っていましたし、迫力がありました』と好感触でした」(石坂師)

 そう語るのは、ジェンティルドンナのデビュー前から取材を続けてきたスポーツ報知の橋本樹理記者。好調時もそうでないときも見続けてきた橋本記者はさらに続ける。

「一週前も併せ馬でしっかり追い、悔いのない仕上げ。軽い馬場がいいタイプなので中山のタフな馬場がどう出るかですが、路盤から改修されてコンディションのいい今の中山なら、納得のいく状態で臨めるのではないでしょうか」

 3年前のブエナビスタもそうだったように、牝馬の引退レースは枯れた花弁が落ちるようにひっそりとした結果のものが多い。しかし、ジェンティルドンナは常にこちらの想像を超える結果を出してきた。勝てば歴代最多タイのGI競走7勝目。海外G1勝ちのある馬としては初の7勝目となる。"名牝"の枠に収まらない稀代の名馬は最後にどんな驚きを残すだろうか。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu