有馬記念「フィナーレを彩る」実力馬(2)
【ジャスタウェイ編】

 12月28日に開催される有馬記念(中山・芝2500m)は、これまでもディープインパクトやオルフェーヴルなど、多くの名馬たちのラストランの舞台となってきた。

 そして今年も、「名馬」ジャスタウェイ(牡5歳)が、このレースを最後に引退する。

 ジャスタウェイが一躍脚光を浴びたのは、昨秋の天皇賞・秋(2013年10月27日/東京・芝2000m)だった。現役最強牝馬のジェンティルドンナ(牝5歳、当時4歳)を相手に、4馬身差の圧勝劇を演じたからだ。

 しかし、それ以上に衝撃的だったのは今春、ドバイで行なわれた国際GIドバイデューティフリー(3月29日/ドバイ・芝1800m)でのこと。世界の強豪各馬を蹴散らして、2着になんと6馬身強もの差をつけて大勝したのだ。しかも、従来の勝ち時計を2秒以上も更新するという、驚異的なレコードタイムのおまけつきで。

 これには、世界中が驚かされ、その強さに脱帽した。そしてその結果、翌月にIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された世界ランキング(ロンジンワールドベストレースホースランキング)で、見事1位にランクづけされた。過去には、ディープインパクトが同様のランキングで1位タイになったことはあったが、日本の馬が単独1位の座につくのは初めてのこと。この快挙によって、ジャスタウェイは名実ともに「名馬」の列に加わった。

 それにしてもこの馬が、これほどの馬になるとは、いったいどれだけの人が想像していただろうか。

 デビューは、2011年夏の新潟だった。芝1600mのレースで、ジャスタウェイは2着に5馬身の差をつけて快勝した。一躍「クラシック候補」ともてはやされて、続く2戦目の新潟2歳S(2011年9月4日/新潟・芝1600m)では、単勝1.7倍という圧倒的な支持を得た。

 もともと、それほど素質を高く評価された馬だったが、その断然人気の新潟2歳Sで2着に敗れると、その後はなかなか思うような結果は残せなかった。5戦目でメンバーに恵まれたアーリントンカップ(2012年2月25日/阪神・芝1600m)で重賞制覇を果たしたものの、それからは成績に波のある競馬を繰り返して、良くても2着止まり。6戦目のNHKマイルC(6着。2012年5月6日/東京・芝1600m)から、翌年秋の毎日王冠(2着。2013年10月6日/東京・芝1800m)まで、10戦も勝ち星から遠ざかっていた。

 そんな状況にあって、世間の評価は急落していった。出自を見れば、母は無名の未勝利馬。父も、当時は際立った産駒を輩出しておらず、種牡馬としての評価が定まっていなかったハーツクライである。セレクトセールで1260万円というお手頃な価格だったことを考えれば、「そもそも過度な期待をかけるほどの、スケールの大きな馬ではないのではないか」と、多くの人が思い始めた。

 それはやがて、「ジャスタウェイはA級の馬であっても、いわば並のA級馬。少なくとも、競馬シーンの主役に上り詰めるような馬ではない」という評価につながっていった。ひと言で言えば、脇役の域を出ない、地味な存在と見られるようになってしまったのだ。ブレイクのときを迎えることとなる昨年の天皇賞・秋で、5番人気にとどまったのは、まさにその証拠だろう。

 だが、世間の評価が落ちていくこの期間、ジャスタウェイが勝てないのには、勝てないなりの理由があった。関西の競馬専門紙記者が語る。

「この馬には、デビュー前から"馬体が緩い"という弱点があった。それが、ずっと解消されなかったんです。馬体が緩いというのは、競走馬としてしっかりすべきところがしっかりし切れていない、ということで、それが競馬の勝負どころで(詰めの甘さとなって)出るんです。でも、それを無理して何とかしようとすると、すぐに疲れが出たり、別のどこかがおかしくなったりしてしまう。走る馬にはよくあることで、それが解消されないまま、引退する馬も少なくありません。この時期のジャスタウェイは、まさにそういう状況でした」

 ジャスタウェイは、ずっと弱点を抱えていたのだ。が、裏を返せば、その弱点さえ克服できれば、一気に超A級の馬にのし上がる可能性も秘めている、ということである。ゆえにその間、ジャスタウェイと厩舎スタッフとの、懸命な努力の日々が続いていた。期間はおよそ1年8カ月にもおよんだが、その時間こそ、ジャスタウェイが飛躍するためには必要だった。

 その努力を支えていたのは、新馬戦の圧勝劇だという。

「(馬体が)パンッとすれば、きっとこの馬はあれくらい走ってくれる」

 厩舎スタッフの誰もがそう信じていた。そして、「新馬戦のあの姿をもう一度見たい」と思っていた。だからこそ、厩舎スタッフはなかなか結果が出なくても、諦めなかったし、めげなかった。日々、ジャスタウェイの馬体のケアを怠らず、馬体が締まるまで辛抱強く待ち続けた。そんな厩舎スタッフの努力と思いがついに実を結んだのが、昨秋の天皇賞・秋だった。

 1年前の同じレースでは6着と掲示板にさえ乗れなかった馬が、単勝2倍に推されていた最強馬ジェンティルドンナをぶっちぎった。厩舎スタッフが思い描いていたあの新馬戦、いやそれ以上の圧勝劇を見事に再現して見せたのだ。

 以来、ジャスタウェイは、馬体がしっかりすればこれほど強くなるのか、というほどの快進撃を披露。前述のドバイデューティフリーを含め、今春のGI安田記念(6月8日/東京・芝1600m)まで破竹の4連勝を飾った。前出の競馬記者が言う。

「天皇賞・秋の前、毎日王冠あたりから(ジャスタウェイが)力をつけたな、という印象はありました。でも、特別な何かがあって、急速に強くなった、というわけじゃありません。あくまでも、厩舎スタッフによる日頃の地道なケアと鍛錬によって、次第に地力がついてきたということです。馬も、人間も、長い間の努力というか、"我慢"が実ったということです。また、3歳の秋から、毎日王冠→天皇賞・秋というローテーションで、古馬の一線級と戦ってきて、ずっと強い相手の中でもまれてきた。それが結果的に、地力強化につながった、という側面もあると思います」

 約1年8カ月の雌伏(しふく)の時を経て、世界トップに立ったジャスタウェイ。今秋は、世界最高峰の舞台・凱旋門賞(8着。10月5日/フランス・芝2400m)に挑戦し、帰国後はジャパンカップ(11月30日/東京・芝2400m)に出走した。

 ジャパンカップでは「調子は決して良くない」と伝えられたが、豪華メンバーがそろう中で、エピファネイア(牡4歳)に続く2着に食い込んだ。もはや万全でなくても無様なレースは見せないという、まさしく「超A級馬」のパフォーマンスを発揮した。

 次は、いよいよラストランとなる有馬記念。ジャスタウェイの勝算について、再度競馬記者が分析する。

「ジャパンカップでも『引退』という話があったくらいですからね。調子は、良くてもジャパンカップ並みでしょう。あれ以上、ということはないと思います。(有馬記念の舞台となる)中山競馬場の、小回りのコース形態も、2500mという距離も、ジャスタウェイにとっては、プラスとは言えないでしょう。そうは言っても、ジャパンカップであのすごいメンバーを相手に2着に食い込むほどの底力を持っているのが、ジャスタウェイ。最後にもう一度、"ミラクル"を起こしてもおかしくないと思いますよ」

 今やもう、歴史的な「名馬」であることは間違いない。だが、もしも有終の美を飾ることができたなら、そのときジャスタウェイは、「レジェンド」となる。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo