【12月特集 アスリート、現役続行と引退の波間(12)】

 2013年、2014年と、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を連覇したヴィルシーナ(牝5歳)。元メジャーリーガー・佐々木主浩氏の所有馬としても話題になった同馬は、12月28日のGI有馬記念(中山・芝2500m)をもって、競走馬生活に幕を下ろすこととなった。

 ヴィルシーナの主戦ジョッキーとして、多くのレースで苦楽を共にしたのが内田博幸騎手。2度のGI制覇においても、彼女の馬上には内田騎手がいた。そんな唯一無二のパートナーは、ヴィルシーナの引退を前に、こう語った。

「ヴィルシーナとは、悔しい思いをたくさんしてきましたし、それを乗り越えてGIを勝つこともできました。そして彼女は、『馬との接し方』における大切なことを僕に気づかせてくれました。ですから、ヴィルシーナには本当に感謝の言葉しかありません」

 内田騎手の言葉にあるとおり、この人馬の物語は「悔しい思い」の連続から始まった。彼らがコンビを組み始めた2012年、当時3歳のヴィルシーナは、同世代牝馬の頂点を決める三冠レース(桜花賞、オークス、秋華賞)に挑戦する。だが、その3レースすべてで、ヴィルシーナは2着に敗れてしまったのである。

 牝馬三冠レースで、いずれも彼女を負かしたのは、ジェンティルドンナ(牝5歳)。その後は、2012年、2013年と牡馬相手のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)を連覇し、今年は海外GIのドバイシーマクラシック(3月29日/ドバイ・芝2410m)までも勝利。まさに歴史的名牝が、ヴィルシーナの前に立ちはだかったのだった。

 相手が悪かったと言えばそれまでだが、それでも度重なる2着は「本当に悔しかった」と内田騎手は振り返る。

「競馬に携わる以上、相手がどんな馬であれ、勝つことが目標。いくら『ジェンティルドンナは強い』とわかっていても、僕やスタッフ、オーナーは悔しさでいっぱいでした。しかも、三冠最後の秋華賞(京都・芝2000m)では、ジェンティルドンナにハナ差まで迫ったんです。あのとき、ヴィルシーナは僕が驚くくらいのレースをしてくれました。限界を越える"がんばり"を見せてくれたんです。その分、余計に悔しかったですし、彼女にGIを取らせてあげたい、という思いが一層強くなりました」

 ヴィルシーナはその後、11月のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)に参戦した。が、ここでも無念の2着。ジェンティルドンナ不在でチャンスと見られたものの、レース当日の大雨により、重馬場巧者のレインボーダリア(牝。当時5歳)に敗れてしまったのだ。内田騎手は、「ヴィルシーナにとって、あのコンディションは厳しかった。むしろよく走ってくれました」と回顧する。

 3歳時のヴィルシーナは、GI2着を4度も重ねながら、結局タイトルをひとつも取れずにシーズンを終えてしまった。常に全力で、精一杯の走りを見せるヴィルシーナ。そんな彼女にGIを獲らせてあげられなかったスタッフたちの悔しさは、想像するに余りあるものがあったが、翌2013年、ついにその屈辱を晴らす機会が訪れる。

 春の「牝馬女王決定戦」ヴィクトリアマイルである。4歳になったヴィルシーナは、このレースで念願のGIタイトルを手にしたのだ。

 とはいえ、その内容はまさに「薄氷の勝利」だった。1番人気のヴィルシーナは、直線に入ると馬群を抜け出して、堂々と先頭に立ったが、ゴール直前で前年の覇者であるホエールキャプチャ(牝。当時5歳)が強襲。2頭はぴったりと馬体を合わせて、ゴール板を通過した。

 内田騎手は、「(ヴィルシーナに)何とかGIを勝たせたいと思って、最後は必死に追いました。でも、ゴールの瞬間は、どちらが勝ったのか、わからなかったです」と、そのシーンを思い起こしながら語った。

「ゴールしたあとしばらくして、ターフビジョンに僕たちの姿が大きく写し出されていたんです。そのときに、『勝った!』と確信しました。あのときは、本当にうれしかったですね。その前年は負け続けていましたから、陣営とすれば、『ジョッキーを代える』という選択肢もあったと思うんです。でも、オーナーの佐々木さんは『自分の誕生日は2月22日で、現役時代の背番号が22番だから(ヴィルシーナが2着ばかりなのは)仕方ない』と公言したり、厩舎のスタッフはスタッフで『(自分たちにも)まだやるべきことがあったのかもしれない』と反省したりして、関係者の誰もが『ヴィルシーナが勝てなかったのは自分のせいだ』と言って、(誰のせいにもしないで)僕を乗せ続けてくれました。とにかく僕は、その思いに応えたかったですし、あのときは、まさにみんなが『ヴィルシーナに勝利を』という思いでひとつになっていたような気がします。そしてヴィルシーナも、そうしたみんなの気持ちに応えてくれたんだと思いますね」

 ヴィルシーナと、彼女に関わる多くの人たちの情熱、願い、そして思いがひとつになってのGI勝利。その夜は、佐々木オーナーやスタッフたちと、喜びを存分に分かち合ったという。

 それでも、内田騎手にとって「ヴィルシーナのベストレース」は、2013年のヴィクトリアマイルではないという。彼にとってのそれは、ちょうど1年後、連覇を遂げた今年のヴィクトリアマイルだった。そのレースで内田騎手は、「『馬の気持ちを第一に考える』という当たり前の言葉の奥深さを、ヴィルシーナに教えてもらった」という。

 初GI制覇を決めた昨年の5月以降、内田騎手が鞍上から離れたこともあってか、ヴィルシーナはまさかのスランプに陥っていた。レースではいつも全力を尽くす彼女が、まったく闘志を見せなくなり、勝ち負けどころか、馬群に沈むことのほうが多かった。今年に入っても、レースで振るわず、復活の兆しを見せることがなかった。

 そんな不振にあえぐヴィルシーナを見て、今春、内田騎手は陣営にある提案をした。

「ここのところのヴィルシーナは、先行して他馬にかわされるという競馬を繰り返してきました。ならば今度は、敵をかわして"勝つ"という感覚を取り戻してもらうためにも、短い距離のレースを使って、後方からの競馬をさせてみてはどうでしょう」

 彼女の闘争心を呼び戻すためのアイデアだった。そして、今年4月のGII阪神牝馬S(阪神・芝1400m)では、あえて後方に待機してレースを進めた。結果は11着の惨敗に終わったものの、内田騎手はそこで、ヴィルシーナ復活への確かな手応えをつかんだ。

「あの大敗は、勝ち星から離れていたヴィルシーナにとって、結果として正解だったと思います。というのも、あのレースでいつもと違う走りをしたことで、負けたけれども『他の馬に食らいついていこう!』という気持ちを、ヴィルシーナに取り戻してもらうことができたと実感したからです。

 あのレースは、『どうしたらここで勝てるか?』というよりも、『どうしたらヴィルシーナに、もう一度"絶対に勝ちたい!"という気持ちを取り戻してもらえるか?』ということを、関係者みんなで考えた一戦でした。本来、競走馬は、出走するレースすべてに勝てる可能性はほとんどないですよね? 相手関係や(展開の)向き・不向き、運も含めて、毎回うまくいくわけではないですから。車や機械でもない、競走馬は心あるアスリートですからね。でも、我々人間は、やっぱり全部のレースで勝たせたいし、結果が出ないと苛立ってしまう。つい、慌てて『今、勝たせるにはどうしたらいいのか?』ということばかり考えてしまうのですが、当たり前な話、実際に走るのは馬ですから、馬が『レースを勝ちたい!』と思うことが一番大事。そこで、競走馬の調子が悪かったり、うまくいっていなかったりしているとき、その気持ちを盛り上げてあげるのは、そばにいる我々人間の仕事なんですよ。

 そのためには、メディアの方やファンのみなさんが考えることとは違うことや、一か八かという試みを、やってみなければならないかもしれない。それは、失敗したら、相当叩かれることかもしれない。そんな荒治療にチャレンジする"勇気"があるかどうか......という状況において、その勇気を、馬主さんをはじめ、ヴィルシーナの陣営は持っていたのだと思います。男気あふれる勇気を。

 また、それを実践するためには、心からお互いを"信頼"し合うことも大切ですよね。ヴィルシーナの陣営はそうした点においても素晴らしかった。馬主さん、厩舎の方々は僕を信じ続けてくださって、僕も陣営のみなさんを信じ切っていました。そうやって、みんながヴィルシーナの復活を信じて、同じ方向を見て一致団結していました。だからこそ、運も味方をしてくれた。あと、もしかすると、そういう人間の心が、賢いヴィルシーナには感じ取れていたのかもしれません」

 迎えた2014年ヴィクトリアマイル。「ヴィルシーナのために......」という、内田騎手をはじめ、ヴィルシーナ陣営による思いが見事に実った。阪神牝馬Sで果敢にトライした"荒治療"が功を奏したのだ。

「ゲートが開くと、ヴィルシーナは驚くほど素晴らしいスタートを切りました。そこからはもう、彼女の気持ちに任せるのみ。そのまま気分よく逃げさせてあげよう、と判断しました」

 後方からの競馬を試した前走とは、真逆の"逃げ"戦法となったが、ヴィルシーナにはそれがよかった。彼女は、本来の持ち味であるスタイルで、やる気を取り戻したのだ。

 気持ち良さそうに先頭を切って走っていったヴィルシーナは、東京競馬場の長い直線も苦にしなかった。メイショウマンボ(牝4歳)ら人気馬の追撃を振り切って、まんまと逃げ切り勝ちを収めたのである。それは、馬上の内田騎手でさえ「びっくりした」というほどの、鮮やかな復活劇だった。

「僕たちは、どうしても人間の思い込みで馬を見てしまうことがある。でも大切なのは、馬の気持ち。それを大事にしなければいけません。ヴィルシーナはそのことを、身を持って教えてくれました。当たり前である、『馬の気持ちが一番』ということが、単にレースの中だけの話ではないということを」

 長いスランプから、驚異の復活を遂げたヴィルシーナ。彼女にとってふたつ目の勲章は、内田騎手の競馬人生にとってもかけがえのないものとなった。

 2011年8月のデビュー戦から、およそ3年と4カ月。紆余曲折あったヴィルシーナの競走馬生活も、まもなく幕を閉じようとしている。引退戦となる有馬記念でも、コンビを組むのは内田騎手だ。

「結果はもちろん大事ですが、有馬記念では何より無事に走り終えてもらいたいと思っています。そのために僕は、彼女が気持ちよく走れるようにエスコートしたいですね」

 レースが終われば、来年からは母として第2の人生を歩むことになる。内田騎手は、その後のヴィルシーナの活躍にも思いを馳せる。

「(ヴィルシーナは)いい子どもをたくさん生んでくれそうですよね。できるならいつか、その子どもたちにも乗ってみたいです。(子どもたちには)彼女の粘り強さ、がんばり抜く闘志を受け継いでくれたら、と思っています」

 ヴィルシーナは、舞台の中央でスポットライトを浴びるような、華やかな存在ではなかったかもしれない。だが、我々の記憶の中には、GI2勝という記録以上のものが残っているのではないだろうか。有馬記念では、その最後の勇姿をしっかりと見守りたい。

【プロフィール】
内田博幸(うちだ・ひろゆき)
1970年7月26日生まれ。福岡県出身。地方競馬(大井競馬場所属)のトップジョッキーとして活躍後、2008年3月からJRAに移籍。中央競馬でも優れた手腕で勝利を量産。2009年には全国リーディーングジョッキーとなった。12月19日現在、JRA通算847勝。重賞37勝(うちGI11勝)

河合力●文 text by Kawai Chikara