クリステン・ベル

写真拡大

世界中で大ヒットしたディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』で、主人公アナの声を演じたクリステン・ベル。クリステンと夫で俳優のダックス・シェパードの間に、第二子となる女の子が誕生したことが明らかとなった。

【関連記事】『ヴェロニカ・マーズ』クリステン・ベルが『アナと雪の女王』アナ役を語る!

2013年、愛娘リンカーンちゃんが誕生し、同年10月、書類にサインするだけの地味婚で晴れて夫婦となったクリステンとダックス。米E!Onlineによると、今月19日(金)、クリステンがツイッターで次女が誕生したことを報告。「エストロゲン(女性ホルモン)が危険なくらいマックスになってるわ! ダックス、頑張ってね! そして、この世界にデルタ・ベル・シェパードを迎えました」とコメントし、第二子はデルタちゃんと名付けられたことがわかった。さらに、二人の女の子のパパとなったダックスも、「デルタ・ベル・シェパードが誕生したよ。僕にもクリステンにも似ていないけど、とにかくこの子はキープしておくよ。早めにクリスマスがやって来た!」と、冗談を交えながら喜びをツイートしている。

デルタちゃんを妊娠中、赤ちゃんの性別を秘密にしていた二人だが、ダックスは"もっと子どもが欲しい"と打ち明けている。米人気トーク番組『エレンの部屋』に出演した際、「これならサーカスができるね。いずれは(家族で)バンドを結成して、全米をツアーしたいよ」と語っていたダックス。この調子だと、近いうちに第三子誕生のニュースが聞けるかもしれない。

子どもを持つ前に、一緒に犬を飼って予行演習をしたという二人は、リンカーンちゃんが誕生して子育てに神経質になったら、犬に当たるようにしていたそうだ。すでに育児を経験しているだけに、次女のデルタちゃんは、少しリラックスして育てられるのではないだろうか。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ヴェロニカ・マーズ』クリステン・ベルが第二子を妊娠!『ヴェロニカ・マーズ』クリステン・ベル、妊娠によって声変わり!?『グレアナ』エイプリルことサラ・ドリュー、第二子を出産!