キム・ディケンズ

写真拡大

米AMCが製作を進めている大人気ゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』のスピンオフ・シリーズ『Cobalt(仮題)』。同作の主演女優がこのほど発表され、大ヒット公開中の映画『ゴーン・ガール』でボニー刑事役を演じているキム・ディケンズが起用されることがわかった。米Deadline Hollywoodが報じている。

【関連記事】主要キャラクターを一挙おさらい! 『ウォーキング・デッド』シーズン5

同スピンオフは『ウォーキング・デッド』の原作コミックスの作者で番組クリエイターでもあるロバート・カークマンが手掛けたプロジェクト。舞台を西海岸に移し、オリジナル版と同じゾンビによる週末世界を描いた作品だ。主人公でバツイチの男性教師ショーン・カブレラ役はすでに『ミッシング』で知られるクリフ・カーティスに決定したが、相手役ナンシーの女優選びが難航していた。

そして、ようやくナンシー役にキムが決定。彼女が演じるナンシー・トプキンスは、ショーンと同じ学校に務めるカウンセラーでシングルマザーというキャラクター。ナンシー役のオーディションには大ヒットドラマ『FRINGE/フリンジ』で主人公オリビアを演じたアナ・トーヴら、女優が多数参加するも決まらず、周囲をやきもきさせていた。すでにナンシーの息子役には『ハリー・ポッター』シリーズのフランク・ディレイン、娘役には『イントゥ・ザ・ストーム』の豪女優アリシア・デブナム=ケアリーがキャストされている。

キムはこれまで大ヒットシリーズ『LOST』や映画『しあわせの隠れ場所』、今月に幕を閉じた人気シリーズ、『サン・オブ・アナーキー』のファイナル・シーズンなどに出演し、インディペンデント・スピリット・アワード主演女優賞のノミネート歴もある49歳のベテラン女優だ。『ゴーン・ガール』に続き、話題のスピンオフ作品で主演女優の座を射止めたキム。そんな彼女にとって2015年は大きな飛躍の年となりそうだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ウォーキング・デッド』スピンオフに『ハリー・ポッター』トム・リドル役のフランク・ディレインが出演『ウォーキング・デッド』スピンオフ、監督は『コミ・カレ!!』のアダム・デヴィッドソンに決定『ウォーキング・デッド』スピンオフの登場人物が明らかに!