映画『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』
 - (C)Universal Pictures

写真拡大

 ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが製作を手掛けた、ジェームス・ブラウンの伝記映画『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』の日本公開が、2015年5月に決定したことがわかった。

 2006年12月25日、73歳でこの世を去ったジェームスは、“ミスター・ダイナマイト”“ソウル・ブラザー・ナンバー・ワン”“ゴッド・ファーザー・オブ・ソウル”“セックス・マシーン”などのニックネームで呼ばれ、強烈な個性とカリスマ性で半世紀にわたり活躍。刺激的なライブパフォーマンスは、マイケル・ジャクソン、プリンス、ブルーノ・マーズなど数々のアーティストにインスピレーションを与え、死後もなお彼の音楽は多くのアーティストにサンプリングされている。そんなジェームスを本作で演じているのは、『42〜世界を変えた男〜』のチャドウィック・ボーズマン。

 そのほか、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ダン・エイクロイド、ネルサン・エリスらが出演。監督は、『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』のテイト・テイラーが務めている。

 映画は、ジェームスとかつてライバルだったミック・ジャガーの願いから誕生したという。ミックはジェームスについて、以前ビルボード誌の取材で「ジェームス・ブラウンは俺にすごくインスピレーションを与えてくれた。たくさんのことを彼から学んだ。彼の動きをまねるということではなく、彼の態度、仕事ぶり、そうしたものを学んだ。彼が成し遂げたことを尊敬している」と語っていた。(編集部・井本早紀)

映画『ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜』は2015年5月よりシネクイントほかにて全国公開