ソニー平井一夫社長が金正恩暗殺映画で「表現行為への関与」という愚行

ざっくり言うと

  • 公開中止の金正恩暗殺映画で、ソニーの平井社長の関与が発覚した
  • 金書記の首が吹き飛ぶシーンをカットさせるよう、監督に指示したという
  • 「表現行為への関与」という愚行で、大きな戦略的判断ミスであると筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x