【試してみた】江戸時代の「黄身返し」で、卵の黄身と白身が本当に反転した♪

写真拡大 (全17枚)

突然ですが「黄身返し」をご存知でしょうか。その名の通り、卵の黄身と白身とを反転されるワザのこと。江戸時代から継承されているものなのですが、現代でも簡単な道具と方法でじつは再現できるのです。そこで、さっそく編集部でも試してみましたよ!


「黄身返し」は江戸時代のレシピ本に載っていた

器土堂主人という人が書いた江戸時代のレシピ本『万宝料理秘密箱(1785年刊)』に、「黄身返し」が登場しています。レシピの内容は「卵の頭に針で穴を空け、味噌に3日間漬け込んだら、煮込みましょう(意訳)」とあるのですが、少々難易度が高く、成功率が低いらしい。しかし、今回見つけた方法は、どこにでもある道具を使って、簡単にできるそう!


参考にしたレシピはこちら!

用意する道具はストッキング、セロハンテープ、クリップ、針金、画びょう、懐中電灯。まるで手品でも始まりそうなラインナップですよね。こちらのレシピを見ながら、実際に試してみました!


黄身返し卵ヽ(・∀・)ノ

by 寝た坊

江戸時代からの日本の技!!



では試します!まずは卵に穴を空けて…


卵と道具を準備しました。どれも家庭にあるものですね。持っていない場合でも100円ショップなどで用意できます。


まず、生卵の頭に画びょうで穴を空けます。


次に、伸ばしたクリップを穴から差し込んで…。


黄身を潰すようにかき回します。


割れないようにセロテープをぐるりと貼ったら…。


ストッキングでブンブン回転させます!


まず、ストッキングの足の部分の中ほどに、結び目を作り、卵をその位置まで差し込みます。そして、卵の反対側を隙間をなくすようにねじったら、針金で固定しました。


さあ、ブンブンゴマのように、グルングルンと回転させて、ここまでねじれさせたら…。


一気に引っ張ると、ブーン!と音を立てて高速回転しました!その反動で逆回転をして、さらにまた順回転に!これを何度か繰り返して…。


懐中電灯で確認します。このように光を透かして、暗くなっていれば、白身と黄身が反転している証拠です!つまり、外側に移動した黄身は光を通しづらいので、暗く見えるというワケ。


参考に、こちらは何もしていない卵。ご覧のとおり明るいですよね。


では、茹でましょう


80度ぐらいの湯で、卵を回転させながら10分ほど茹でます。湯から出したら5分放置し、さらに5分間は氷水に入れておきます。


いよいよ、殻をむいてみた結果は…!?


さあ、殻にヒビを入れてみると…、おお〜っ、黄色い黄身が見えてきました!これは期待できますよ。


殻をすべてむくと、こんな感じに!表面が黄身で覆われていますね♪そのせいか、殻は少々剥きづらく感じましたが、徐々に現れる不思議な姿にテンションがあがり、苦労を忘れます。


では、包丁で切ってみましょう…。



わあい、黄身と白身が反転しています!もっとも、白身の位置が少々中央ではないですが、上出来ではないでしょうか♪では、味見をしてみます。んん、黄身が先に舌に当たるので、ザラザラと不思議な触感が!その後、柔らかい白身が口の中に溢れてきます。これは新感覚!

江戸時代に紹介されていた黄身返しを、現代に蘇らせてみました。不思議な現象なのに、やり方はとっても簡単。ご家族や友人にサプライズで、不思議なゆで卵を食卓に並べても面白いですね♪(TEXT:八幡啓司)