「映画ドラえもん」シリーズ全35作を網羅!

写真拡大

2015年は、国民的キャラクター「ドラえもん」の劇場版1作目「映画ドラえもん のび太の恐竜」が1980年に産声をあげてから、35年の節目の年となる。配給を手がける東宝は、「映画ドラえもん」35周年を記念し、シリーズ全作を上映する「ドラえもん映画祭2015」を開催することを発表した。

同映画祭では、35周年にちなんで1月31日から3月6日までの35日間にわたり、1作目「映画ドラえもん のび太の恐竜」から昨年の「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊」まで、全35作品を上映する。思い出の作品がスクリーンで味わえるだけでなく、一部のタイトルでは、公開当時さながらに併映作も同時上映する。

「映画ドラえもん」のプロデューサー陣は、「今回、映画シリーズ35周年という記念すべき年に、このような企画が実現でき、うれしく思います。見ていない作品はもちろん、見たことのある作品にも、きっと新たな発見があるはずです。スクリーンの中で大冒険を繰り広げるドラえもんたちをもう一度劇場でお楽しみください!」とコメントを寄せた。

春の風物詩ともいえる「映画ドラえもん」だが、同映画祭では夏に公開された唯一の中編作品「ドラえもん ぼく桃太郎のなんなのさ」(81)も網羅する。同シリーズを見て育った世代が、いまや親になって子どもと一緒に劇場に足を運んでおり、2012年には邦画史上初めてシリーズ累計の観客動員数が1億人を突破。15年3月7日には、シリーズ最新作「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」が公開される。

「ありがとう!映画35周年!『ドラえもん映画祭2015』」は、1月31日〜3月6日に東京・神保町シアターで開催。併映作の詳細など最新情報は、同劇場の公式サイト(http://jinbocho-theater.jp)で随時更新される。

■関連記事
巨大ドラえもん、夜の虎ノ門ヒルズに登場
「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境」ブルーレイ&DVD発売決定
「ドラえもん」声優陣、「武器人間」日本語吹き替えに結集!
ドラえもん、藤子・F・不二雄生誕80周年を祝福「今日はドラ焼き80個」
2014年邦画ベスト10、山崎貴監督2作品で171億円!