元「モーニング娘。」の新垣里沙

写真拡大

元「モーニング娘。」の新垣里沙が12月20日、東京・シネマート六本木で行われた主演作「ブラック・フィルム」の完成披露試写会に、荻島達也監督とともに出席した。

人間の嫉妬や憎悪、執着心が引き金になり巻き起こる怪奇現象を描いたサイコホラー。「ホラーは得意じゃない。見る方は怖いもの見たさで恐る恐る」という新垣だが、演じる際は「どれだけ驚かせられるか楽しみながら撮影した」とニッコリ。一方で「その中でも、家族の温かみも含まれている作品。楽しんで、怖い部分にはひやひやしながら見てもらえればと思います」とアピールし、荻島監督も「心理的な怖さを目指した。大切にしたかったのは、良い人でも欲とか妬みで変わったりする、人間の負の感情の怖さが描けたらいいなと思っていた」と話していた。

物語では、新垣演じる主人公・中沢沙織が映画のオーディションを受け、その最中に悲劇に見舞われる。新垣がモー娘。のオーディションを受けたのは「12歳だった」といい、「あの時はモーニング娘。が好きだからという気持ちでストンといけたが、今だとあれこれ考えてやっちゃいそう。あの年でよかった」と振り返る。モー娘。OGには告知したかと問われると、「同期とかにはしているんですが、『見たいけど、怖いから見れるかな』と言っていました。でも見てほしいですね」と笑顔を見せた。

さらに、「最近嫉妬したことは?」と聞かれると、新垣は「うーん、最近しないですね」と困り顔。すると荻島監督がすかさず「今日が『妖怪ウォッチ』の映画の(公開)初日なんですよね。紅白も出るし、嫉妬しちゃいます」とジョークを飛ばし、笑いをさらっていた。

映画に出演することを夢見る沙織は、気鋭の映画監督が手がける新作のオーディションを受ける。そのなかのワークショップに参加した沙織は、ひたむきな努力で一目置かれ、主演抜てきが濃厚になる。しかし、主役を手に入れるため手段を選ばない若手女優・大垣美穂(中村有沙)の存在が、沙織の心を次第に黒く染めていく。「ブラック・フィルム」は、2015年1月24日公開。

■関連記事
【作品情報】「ブラック・フィルム」
新垣里沙、モー娘。卒業後、初の映画主演は思い出いっぱい湘南ロケ
モー娘。新体制初舞台で“ゾンビ化” れいな「美しく演じる!」
高橋愛は嵐を呼ぶ女!? モー娘。時代の「唐揚取り合い」秘話を披露
飯田圭織ら「モー娘。」OGら、元メンバーの矢口真里と加護亜依に励ましのエール