劇場版「妖怪ウォッチ」が公開!

写真拡大

ちびっ子たちに大人気のゲーム、コミックをアニメ映画化した「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が12月20日、全国408スクリーンで初日を迎えた。ジバニャン役の小桜エツコとウィスパー役の関智一、ゲスト声優の志村けん、「AKB48」の島崎遥香が東京・TOHOシネマズ日本橋で舞台挨拶に立った。

2013年1月に「コロコロコミック」(小学館刊)で漫画の連載がスタートし、同年7月に発売されたニンテンドー3DSソフトは累計出荷135万本を突破。今年1月からはテレビアニメも放送され、おもちゃに使用する「妖怪メダル」は1億5000万枚の売り上げを誇る。映画の前売り券も劇場窓口だけで106万枚を超え、関係者によれば「すべて合わせれば200万枚は越えている。(興収68億7000万円の)『ONE PIECE FILM Z』をしのぐ勢い」という驚異的な数字をたたき出している。

待望の映画公開に、クリエイティブプロデューサーの日野晃博氏は、「3年前に企画し、コツコツと作り上げてきたが、まさかこれほどの人気になるとは。スタッフ一同驚いているし、感慨深い」と神妙な面持ち。小桜もジバニャンの声で、「オレっちの活躍を見てくれてうれしいニャン。次はハリウッドからオファーがくるかもしれないニャン」とご機嫌だ。

声優の後を受けた志村は、「皆、いろんな声があっていいなあ。私にはこれしかありません」と“アイーン”を披露。声優初挑戦の島崎は、「すごく難しくて、声優さんってすごいなあと思いました。小学生の弟が大ファンだけれど、(前売り特典の)メダルがゲットできなくて悔しがっていました」とやんわりとおねだりしていた。

「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」は、突然消えてしまった妖怪ウォッチを取り戻すため主人公のケータとジバニャンたちが60年前にタイムスリップする冒険を描く。既に映画第2弾が来年12月公開で決定しており、さらに日野氏が「欧米など世界中の子どもたちに見てもらえる展開のプランがある」と、海外でのテレビ放送も計画していることを明かした。

■関連記事
歌って踊る「妖怪ウォッチ」完成披露試写会に子どもたちが大興奮!
きゃりー&Fukase喜び共有! 三代目JSB、AKBらレコ大へ気合い
島崎遥香、“塩対応”は妖怪のせい?
劇場版「妖怪ウォッチ」が快挙! 前売鑑賞券販売枚数の東宝映画記録を更新
ぱるる、劇場版「妖怪ウォッチ」で声優初挑戦!志村けん&片岡愛之助は妖怪役