写真提供:マイナビニュース

写真拡大

『ホビット』シリーズ完結編『ホビット 決戦のゆくえ』(公開中)の日本公開を記念し、物語の重要なアイテムである指輪のレプリカ"ジャイアント・キング"と、ガンダルフ&ゴラムの等身大フィギュアの来日が決定したことが18日、明らかになった。12月19日〜28日、東京・汐留の日本テレビビル横1階 大屋根広場の特別ブースで展示される。

ジャイアント・リングは、ピーター・ジャクソン監督と共にデザインを手掛けたイェンツェ・ハンセン工房が、映画撮影用に特別制作した直径151mm、重さ2.1kgにもおよぶ特大サイズの指輪のレプリカ。"ザ・ワン・リング"の呼び名で知られ、世界中から毎日多くのファンが詰めかけるほどの貴重なアイテムが、2度目の来日を果たす。そして、灰色の魔法使いガンダルフとゴラムの等身大フィギュアは今回が初の来日となる。

ピーター・ジャクソン監督が手掛ける『ホビット』シリーズは、『ロード・オブ・ザ・リング』に登場する"中つ国"の60年前を舞台に、平凡で臆病なホビット族の主人公ビルボ・バギンズが、魔法使いと13人のドワーフと共に、恐ろしい竜"スマウグ"から奪われた王国を取り戻す旅を繰り広げる物語。完結編では、強大な敵・冥王サウロン率いる闇の軍勢や、財宝をめぐる仲間同士の対立など困難が待ち受けている。

12月10日(日本時間11日)より、日本を含む世界37のマーケットで順次公開された本作は、興行成績でのランキングで、すべての国で初登場1位に輝いた。そして、14日までの5日間で約147億円を稼ぎ出す大ヒットを記録。観客からも「最高のラストに号泣! ありがとう!」「感動しました! これで完結なんて涙が出ます!」など絶賛の声が寄せられている。

ジャイアント・キング&等身大フィギュア展示【日程】12月19日〜28日【時間】平日16:00〜21:00、土日祝12:00〜21:00【場所】日本テレビビル横1階 大屋根広場(C)NTV (C)2014 Warner Bros. Ent. TM Saul Zaentz Co.