来日したエッダ・マグナソン

写真拡大

スウェーデン映画「ストックホルムでワルツを」に主演した歌手のエッダ・マグナソンが12月19日、ヒット御礼の舞台挨拶を公開中の東京・新宿武蔵野館で行った。今月20、21の両日にブルーノート東京で行う公演のため、ピアニストのニルス・ラン・ドーキーらとともに来日。日本は初めてのマグナソンは、「日本での上映は本当にうれしい。興奮しています」と笑顔を見せた。

同国の国民的歌手モニカ・ゼタールンドの半生を描く作品で、ストックホルムでコンサートをしている姿が製作陣の目に留まり、主演に大抜てきされた。「モニカはスウェーデンのアイコン的存在で、私も大好き。よく考えれば自殺行為かもしれないけれど、監督が素晴らしく、自分の気持ちに素直に演じたら受け入れてもらえた」と語った。

事実、人口約950万人のスウェーデンで50万人以上を動員するヒットとなり、同国のアカデミー賞といわれるゴールデン・ビートル賞では女優デビューにして主演女優賞を獲得。「自分なりに研究して演じ、この映画をきっかけに新しい自分を見つけられたかも」とはにかんだ。

モニカと仕事をしたことのあるドーキーも、「2人ともマルチな才能の持ち主。エッダはマネをしようとしなかったことで、モニカの個性がより引き出されたんじゃないか」と絶賛。マグナソンは、映画の中でも歌っているジャズのスタンダード「歩いて帰ろう」の一節をアカペラで披露するサービスも見せ、ファンの温かい拍手を浴びていた。

「ストックホルムでワルツを」は、電話交換手のシングルマザー・モニカが、度重なる挫折、父親との葛藤などを乗り越え、母国語でジャズを歌うことによってスターダムにのし上がっていく姿を描く。

■関連記事
真実のサクセスストーリー「ストックホルムでワルツを」予告編を独占入手!
ナチスのパリ壊滅計画をめぐる一夜の駆け引き V・シュレンドルフ新作、来年3月公開
「100歳の華麗なる冒険」スウェーデン国民的ベストセラー小説の映画化への道のりを監督が語る
本国で「アナ雪」を超えたスウェーデン映画が日本上陸! LiLiCo&綾戸智恵が監督とトーク
ベネチア金獅子はロイ・アンダーソン監督作!塚本監督「野火」は無冠