大雪像「雪のスター・ウォーズ」模型(公式)

写真拡大

2015年12月18日(金)、世界中が待ち望んだ映画『STAR WARS:THE FORCE AWAKENS』が公開となるが、第66回さっぽろ雪まつり(2015年2月5日(木)〜11日(水・祝))の目玉として、大通西4丁目の「STV広場」に「雪のスター・ウォーズ」が登場することが決定した。この大雪像は、世界で初めてルーカス・フィルムが公認したもので、映画の配給元のウォルト・ディズニーがそのデザインの監修にも携わって実現した。

【関連記事】『スター・ウォーズ』ブランド が加わった過去最大規模の『DISNEY EXPO JAPAN 2014』開催!

発表された雪像デザイン模型でもひときわ目を引くのは、「スター・ウォーズ」シリーズの象徴で世紀を超えてファンに支持されるダース・ベイダー。稀代の悪役が持つ「恐怖・迫力」とともに、「苦悩・悲哀」も表現。その左には帝国軍の機動歩兵ストーム・トルーパー、後方には細かい部分まで精巧に再現された宇宙戦闘機タイ・ファイターと宇宙要塞デス・スターもあしらわれている。暗黒卿として全身黒ずくめのダース・ベイダーも、今回ばかりは真っ白い姿での公開となる。

これまでにも、さっぽろ雪まつりでは、名探偵コナン(第53回(2002年))、アンパンマン(第41回(1990年))、キン肉マン(第36回(1985年))、ルパン三世(第35回(1984年))、鉄腕アトム(第32回(1981年))、宇宙戦艦ヤマト(第30回(1979年))、などの日本を代表する人気キャラクター達が製作されてきた。また、その時代の世相を反映した雪像も作られ、社会状況を表す側面もあった。

スターウォーズ・イヤーとなる2015年、この「雪のスター・ウォーズ」はハリウッドのスタジオが本格的に監修し製作するという大掛かり且つ大規模なものとなる。

もはや世界中の誰もが知っていると言っても過言ではない「スター・ウォーズ」。映画という枠を越え、世界を熱狂させるスター・ウォーズ・イヤーが、いよいよ幕を開ける。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・アニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』にダース・ベイダー登場、声もオリジナル『スター・ウォーズ』最新作のエピソード7、日本公開は2015年12月18日に決定『スター・ウォーズ』の実写TVシリーズに米ABCが興味シンシン